2017/01/12

自作 猫用コタツ2号。現在稼働中。




猫用コタツ(になるはずだった)1号手作り作戦が頓挫し、余った材料又はより廉価な材料で猫用のコタツを急ぎ完成させなくてはならなくなりました↓。

 

猫用コタツ1号になるはずだったモノ

 

今回は、前回の轍を踏まぬよう、いくつか心して取り組みます(^^;

 

心する事リスト

 

  • 手間をかけ過ぎない
  • 見栄えを良くし過ぎない
  • 熱源を主体に考える
  • 毛布あるいはコタツ布団あるいはタオル等で覆われる運命である事を忘れない

    以上(^^;

 

Img_1673
と、いう事で、一気に手抜きになりました(^^;

フローリング材の端材を板状にくっつけたものに、直接足を立てています。
手作りとはいえ必要以上に面取りやRをつけてオシャレにしようなどとは一切考えずに、一気に進めます。



Img_1674

ボンドがはみ出そうが、補強材の長さが合っていなかろうが、お構いなしに固定して乾かしてしまいます。



Img_1675

完成です! (←うそです。)

ここに一手間加えて熱源を仕込みます。

湯たんぽ案はボツになり、トタンの湯たんぽは現在人間が奪って使っているので、もっと手間のかからない熱源を新たに考えなくてはなりません。



Img_1678

候補がこれです。


暖かい暖房器具の上は、猫のお気に入りスポットになりやすいのですが、あまり暖かい上に直接お腹を当てて寝る習慣がつくと、低温やけどでおなかの毛が抜けるという情報もあり、その辺を十分考慮しなければなりません。

猫用コタツ1号の床下暖房作戦を中止したのは、製作中に得た、先の「猫のお腹が禿げる」情報があったからなのです。

なので、このソフトあんかを仕込むのは天板の裏に決定です(^^)。



Img_1682

あんかを付ける天板の裏に、ちょうど手元にあったベニヤ板を貼り付けています。



Img_1684

ここに、件の電気アンカをくっつけてしまう作戦です(^^)。



Img_1685

補強材に穴を穿ち、コードが痛まないようにうまく通します。



Img_1687

猫がじゃれつかない様に、コードも目立たないように足に沿わせなくてはなりませんが、それは設置後の課題として今のところは無視しておきます。



Img_1686

いい加減に補強材をくっつけていたので、弱そうな所を再接着しています。



Img_1689

電気アンカを固定する方法で悩みました。

軽いソフトアンカなので画鋲などでカバーを止めるだけで済みそうだったのですが、猫の習性と、うちの猫の性格を考えるに、必ずや熱源に興味を示し、天井を引っかいたり噛みついたりして熱源を自分の手元に引き寄せようとするのは必至。

そこで、トタン板で丸ごとカバーしてしまう事にしました。



Img_1691

トタン板を曲げるのに一苦労しましたが、ガッチリ固定されています。



Img_1688

たかだか21Wのヒーターですが、電源を入れると金属のトタン板が熱を伝え、じんわりと温かくなります。
天板の木の面はほんのりと温かいかな・・・程度です。

サーモスタットと温度ヒューズが入っているアンカだからできる事ですね(^^)。

サーモ機構の無いヒーターをこのように加工する事は、過熱を起こし火事の原因になる可能性が高いので、決してマネしないでください。



Img_1696

とりあえず、コードがぐらついてアンカが中で暴れないようにルーズに留めておきます。



Img_1694

布団をかけていませんが、一応完成形です。
脚は40cmあるので、床面に猫お気に入りの座布団を敷いても高さは十分です。



Img_1697

ソフト電気アンカ。

就寝用に自分で使いたいかというとどうか分かりませんが、Amazonでもペット用に購入しているレビューが多いので、どちらかというとそちら用を想定している節もありますね(^^;


写真はありませんが、このコタツの上に毛布などをすっぽり掛けるのではなく、職場で使っている大判タオルを縦に折って紐を通し、天板の周囲より狭いループでサイドに垂れるようなスカート状の炬燵布団にして、現在好評稼働中です。

猫は上に乗って寝ていたり、コタツの中に入って寝ていたりと、なかなかお気に入りのようです(^^)。

作ってよかったデス(*´ω`*)。





blogランキング  blogランキングに参加しています

| | コメント (0)

2017/01/11

猫用コタツ1号・・・になるハズだったモノ




昨年から、猫デビュー(と言っても、私は幼少期は猫と一緒に育ったので、既にアイデンティティの一部と化しているのですが・・・)を果たしていることは、度々ご報告している通りです。

この冬、我が家が無人になる時間帯、一匹での留守番(お昼寝)タイムを少しでも快適に乗り切ってもらうために、猫専用コタツを作ることにしました。



Img_1650

やはり昨年、タブレットや小型音楽プレーヤーで使う用のパッシブスピーカーを作った際に買い込んだスノコの材料(ヒノキ板)の余りを井形にくっつけて天井と床面を作ります。



Img_1655

適当な端材を4本切り揃えて脚にしますが、適当な端材(角材)は角が尖って面がささくれているので、そこは丁寧に鉋掛けして面取りしています。



Img_1653

当初の作戦では、天板の裏側に湯たんぽを仕込む事を考えましたが、それは後に廃案となり、作戦は2転3転する事となるのです・・・(^^;



Cimg29152
この段階で、コタツとして試用してみた姿がコレです。
新年のご挨拶に使った画像ですが・・・(^^;

この段階では、まだ熱源がありませんので、湯たんぽをどうにかして仕込む仕様に変更すべく、再加工を加えます。




Img_1657

なんだか一気に完成形に近づきました。
スノコ材は半分に切った長さで使っているので、板状に並べる事が可能な枚数あります。



Img_1659

床板の下に更に足を付けているのは、床下に湯たんぽを滑り込ませて熱源にしてはどうかという思い付きから行った追加工事です。



Img_1671

2×4材の端材を適当に切って脚にし、熱が逃げないようにスカート板を付けています。
かなり手間がかかっています(^^;



Img_1669

ひっくり返すとこんな感じに・・・。



Img_1668

天板は、猫が上に乗ることを想定して重さに対する補強を加えています。
ほんと親バカというか飼い主バカというか、ここまで手間ひまかけてどうするレベルの完成度です。



Img_1667

完成形です。

お気づきかと思いますが、下の分部の、湯たんぽを滑り込ませるハズの開口部(になるハズの所)が、スカートで塞がれています。

もうですね、かなり早い段階で、この木目が綺麗な檜の香るこたつ(?)を、猫ごときの専用コタツとして使わせるのは惜しくなりまして、リビングの本棚または脚にキャスターを付けてキッチンワゴンにでも転用しようかな・・・と目論んでいるのです。



Img_1672

床の裏面の空間を、湯たんぽに合わせて工夫した努力は一体何だったのか・・・。



と、いうことで、無駄に手間をかけたコタツ一号はコタツとしては機能しなくなりましたので、本来の目的である猫用のコタツをどうするかという問題が残ります。


市販のもの(↑)を買ってしのごうかな・・・などと横着な考えも浮かびましたが・・・(^^;


それについては、実は上記の商品を参考にした「手抜き猫用コタツ(2号?)」も既に完成し、年末から稼働していますので、次回は猫用コタツ2号のご報告をさせていただく予定です(^^)。





blogランキング  blogランキングに参加しています

| | コメント (0)

2017/01/10

甘酒に酒にチョコレートにetc.に・・・



年が明けて早10日。

日常のあれやこれやに翻弄されて、暮れにも仕事始めにも多くの利用者の方々から頂き物をしてしまっていながらついつい放置になってしまっていました( ;∀;)。

まとめてお礼を申し上げることになってしまいましたが、どうかご勘弁ください。




Img_1699

ちょっと見た事の無い思わぬお土産にビックリしつつ、夕方が暗くて妙な時刻に小腹が空く12月の午後の部にはこれで助かりました(*´ω`*)
北海道で限定発売☆ピンクなブラックサンダー プレミアムいちご味
ありがとうございます<m(__)m>。



Img_1703

助かったといえば、伝統的エナジードリンク 麹の甘酒
魚沼の八海山の甘酒です( *´艸`)
年明けの仕事始めまで取っておいて、頑張りどころで頂きました。
ありがとうございます<m(__)m>。



Img_1706

甘酒といえば、善光寺門前甘酒もいただいています。
暮に家で頂きました。
ありがとうございます<m(__)m>。



Img_1702

無濾過のお酒も頂戴いたしました。
大木代吉本店 自然郷 純米吟醸 初しぼり無濾過
フレッシュさが命のお酒かとは思いますが、もったいないのでちびちびいただいております。
ありがとうございます<m(__)m>。




年が明け、仕事始めにもたくさんの方から手土産ご挨拶を頂戴してしまっております。



Img_1708

要冷蔵の、井筒ワインの無添加にごり生ワイン 2016年です。



Cimg3015

いただいたお酒を並べると、本当に呑兵衛なのがバレてしまいますが・・・
ごちそうさまでした。
いつもありがとうございます<m(__)m>。



Img_1709

ドクターからは冬季限定のガトーフェスタハラダのラスクを・・・
いつもありがとうございます<m(__)m>。



Img_1717

母娘でご利用いただいている方からチョコレートを・・・



Img_1718

早速いくつかつまみ食いしました( *´艸`)
ありがとうございます<m(__)m>。



Img_1715

秩父の方からしゃくし菜漬けを・・・



Img_1716

早速朝げに登場しています。
いつもありがとうございます<m(__)m>。



Img_1719

手作りの柚子のジャムを・・・
お湯に溶いたりして飲んだりしています。
いつもありがとうございます<m(__)m>。



Img_1713

中学3年の娘さんから・・・
うちの上がやっぱり中3で受験という事もあって、ご自分のおやつをお裾分けいただきました(^^)。
ありがとうございます<m(__)m>。
根気よくアジャストしてきて頭痛も起きなくなったことですし、きっと、桜咲くよ!!




Img_1711

これはご利用いただいている方からではありませんが・・・



Img_1712

カイロのセットです(^^)。
並びのテナントの方からのご挨拶です。
ご丁寧にありがとうございます<m(__)m>。


皆様のご愛顧のおかげさまで、うちも無事に年が越せました。

これからもうちは真摯にアジャストメントの精度を追求し続けます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。





blogランキング  blogランキングに参加しています

| | コメント (0)

2017/01/02

今年もよろしくお願いいたします(2017)



昨日、無事に(?)2017年になりました。

あけましておめでとうございます。



暮から今日まで、例によって新発田の実家で過ごしました。

関越自動車道を走るのに、古いスタッドレスタイヤで不安がありましたが、昨年同様に雪を一度も踏まずに走れました。



Cimg2975

いつもの実家からの田園風景も雪の無い元旦です。

例年はこんな感じに積もっているのですが・・・(^^;



Cimg2977

地面は濡れていますが、これは大晦日から断続的に降っていた雨(!)のせいです。

いつもは雪化粧する杉林にも雪っ気が無く、



Cimg2978

帰り道もこの通りお天気でした。



Cimg2980

雪が触りたくて立ち寄った越後川口SAにも積雪は無く・・・



Cimg2983

展望台から眼下の平野もほとんど雪がありません。



Cimg2991


越後川口サービスエリアには、ほぼ毎年の積雪深(積雪量)が掲示されていますが、なぜか平成28年がありません(^^;

年が終わったばかりなのでこれから作られるのか、はたまた雪不足で最大もへったくれもないということなのかどうかは分かりませんが・・・。

今年は2月頃にはちゃんと積もるべきところには積もって欲しいものです。



Cimg3007

結局、乾いたタイヤのまま関越トンネルを抜けて帰って来てしまいました(^^)。


年始はこのところ連続で履き替えたタイヤが無駄でした的な報告をしていますが、渋滞にもハマらずに無事かえって来ましたので、こうしてサボりがちなログも更新初めできました(^^;。


今年は3日(明日)から通常施術です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします <m(__)m>。







blogランキング  blogランキングに参加しています

| | コメント (0)

2016/12/08

2016年 年末年始の休業日について




2016年末,2017年始のお知らせ。

12月29日(木)の定休日から 1月2日(月)までお休みいたします。



030


新年は3日(火)より 平常通り受付けいたします。

年末年始のご予約は お早目にどうぞ。

https://plus.google.com/+Oono-ao/posts/e5KGLK5xqDy






blogランキング  blogランキングに参加しています

| | コメント (0)

2016/12/06

メロンパンとかカレーのレシピ(スパイス付き)とか




大宮からいらしている方のご紹介で、県内(それでもやや遠い)の方がいらっしゃっているのですが、わざわざ高崎のお店で買ってきてくださいました。


Img_1648
メロン・ド・パーネのメロンパンです(^^)。


Img_1646
ちょうど空腹の時間帯だったこともあって、早速一ついただいてしまいましたが、そんな状況だった事もあり(失礼!)、まさにほっぺが落ちる美味しさでした(#^.^#)。



Img_1647

全部平らげてしまいそうな誘惑に打ち勝ち、なんとか我慢して持ち帰って、家族で美味しくいただきました。

いつもありがとうございます。
ごちそうさまでした<m(__)m>。





住居は市内なのですが、渋谷まで通われている方から。

ご母堂の住まいにお手製のカレーや麻婆豆腐を時々届けていて、娘さん達にも大変好評だという、市販のルーや素を使わないレシピを教えてくださったのですが、先般はわざわざ資料のコピーやスパイスまでお持ちくださいました(^O^)。



Img_1641

いつもありがとうございます<m(__)m>。

挑戦しようしようと思いつつも、近頃は時間があると次から次へとDIYに追われてしまっていて、駄ログでご報告もままならないペースなのです(^^;

料理や食事については載せない主義でやっていますが、上手く作れた暁にはここでご報告させていただきます<m(__)m>。





今秋~冬は更新が滞っております。

まだ材料がとっ散らかっていて、ここに書く余裕がないのですが、ラジオだのスピーカーだの床下だ天井裏だとDIY熱にうかされていたのがやっと冷めてきたのも束の間、気ぜわしい師走だというのに、今度は↓関連の必要性に追われて、またもやDIYです(Amazonでポチれよっ)。



Cimg2875




blogランキング  blogランキングに参加しています

| | コメント (0)

2016/12/02

Nexus7(2012) バッテリー交換



やっぱりかれこれ3年弱使用して、噂通りのバッテリー完全放電から立ち直ること数回を経て、いよいよ電池がお亡くなりになってしまったNexus7の2012版(初期型)


完全放電すると無反応になってしまう事で有名なこのタブレットですが、
Nexus 7 バッテリー完全放電時の復活方法 ←などのサイトを参考に、幾度か復活させてきました。

・・・が、昨夏頃には充電中も使用中も筐体が異様に熱くなったり、電池の持ちが極端に短くなってしまい、終いにはすっかり無反応になってそのまま放置していました(^^;



これを復活させようと、こちらのサイト→Nexus7(2012) バッテリー交換のススメ
を参考に、ススメに従って交換してみました。


Img_1640
使うのは、ASUSの純正バッテリー・バルク品(C11-ME370T)。
これも上記のサイト情報をそのまんまAmazonで検索し購入。




もう、ほとんど必要な情報が網羅されているので、カバーの開け方を誤って傷をつけたり壊したりさえしなければ、問題無く交換できます。


Img_1633
私は、マイナスドライバーでこじ開けた際に、ドライバーのサイズをいい加減に選んでしまった為に、樹脂部分にいかにもここから開けました的な傷をつけてしまいましたが、爪が割れやすいなどのシビアな注意点があるでもなく、割りとすんなりと開きました。

 

ただ、電池が両面テープで止まっている所を剥がすのにはやや難儀しましたが・・・(^^;

 

あとは、端子部分の絶縁テープを剥がして交換するだけです。



と、ここでまた写真も何も無いのですが、交換後すぐに起動可能だったのには驚きました。

その後一晩充電し、すっかり現役に復活しています(^^)。


当然保証等利かなくなりますし、バルク品のバッテリーがが常に正常動作するとも限りませんから自己責任ですが、イカレたのがバッテリーだけらしい場合には試してみる価値は大ありです(^^)。




blogランキング  blogランキングに参加しています

| | コメント (0)

2016/11/24

赤ビーツとか姫川薬石とか




いつもありがとうございます<m(__)m>。

今年も頂いてしまいました。



Img_1621

赤ビーツです(*´ω`*)

今年のは牛筋ボルシチになったりしています。

ご馳走様です<m(__)m>。



アクセサリーを手作りされる方からは・・・



Img_1632

姫川薬石だそうです。

いつもご紹介ありがとうございます<m(__)m>。

珍しいものをありがとうございます。
いつも身に着けるようにしています。



ほかにも・・・



Img_1629

職場で売り出す時期だそうで、お餅を頂いてしまったりしています。


本当に皆様いつもありがとうございます<m(__)m>。


皆様にお気遣いいただいたり何かと良くしていただいて、本当に感謝しています。

これから年末にかけて風邪が流行ったり何かと忙しい時期ですが、もうひと踏ん張り頑張っていきまっしょい(^O^)/。






blogランキング  blogランキングに参加しています

| | コメント (0)

«山査子(さんざし)