« 蜂が狩りをしなくなると・・・ | トップページ | 第24回酪農畜産フェスティバル »

2013/10/25

白いカエル



西日本は大雨だそうです。
台風の季節とはいえ、こう似たコースで連続で来られると困りますね。
被害が出ませんように。



Img_0001

職場の入り口横の植木鉢の陰にいたアマガエルです。
緑ではありませんね。アルビノ(白子)かなとも思いましたが、模様もあるし目も黒いし、ただ背面のコンクリートの色に同化しているだけのようです



Img_0002

横からカメラを近づけると・・・



Img_0003

こちらを意識して、



Img_0004

逆向きに(^^;。



Img_0006

シャッターの枠に飛びついて昇り始めました。


いつからここにいたのでしょう。
確かにこの辺にいる限り、この方が緑よりも目立ちませんね。

放射線の影響だとかあれこれ怖がりたがりの方もいるようですが、自然の生物多様性が保たれる環境こそが健全で、そこには放射線も紫外線も宇宙線も熱も光もあるものです。
しかしそれらのバランスを大きく壊す活動こそが問題で、自然界には普通無い物質を生んだり埋めたり垂れ流したりしていると、人類は一度ナウシカの世界を経ないと存続できなくなるのではないでしょうか。


ただの白い(コンクリ色の)カエルを眺めて、生物多様性の保全に努めようと秘かに思う今日この頃(昨日の朝)なのでした。




blogランキングに参加しています blogランキングに参加しています

|

« 蜂が狩りをしなくなると・・・ | トップページ | 第24回酪農畜産フェスティバル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蜂が狩りをしなくなると・・・ | トップページ | 第24回酪農畜産フェスティバル »