« キーボード台の効能を期待しつつ・・・ | トップページ | いよいよ年の瀬 »

2013/12/11

冬本番。バードフィーダー設置



穏やかに晴れた日が続いて、気ぜわしい師走が慌ただしく過ぎていきます。
昨日はお湿りを期待しましたが、この辺の降雨は大した事も無く、相変わらず乾燥しています。


気温はそれほど低くなく、積雪もまだありませんので、昨年に比べて猫の額の庭に来るスズメの数も多くありません。



Img_0011

青竹踏み用に大量に切り出してもらっておいた竹のかまぼこは、十数年放置された挙句「青竹」が「茶竹」になっていました(^^;。
これに穴を開けて幟用のポールを差し、バードフィーダーに転用しようという作戦をこっそり実行しました。



Img_0014

ポールの円盤は、CDの穴を広げて差し、ポール伝いに登ってくるお客さんを妨害する為なのですが、鳥除けに吊るしてあるように鳥まで怖がらせてしまう可能性があります(ほんとかな。)
慣れればどうってことはないと思いますが、まぁ実験です。



Img_0013

下のPPカップは、プリンだかゼリーだかの入っていた容器です。大きな方を固定して、そこに小さな砂糖水入りのカップを重ねています。
外側の下部には水抜き穴。
来るかどうかわからないメジロ用です。



Img_0001

庭木の支柱にしているポールには、おまけで作ったペットボトルのフィーダーを吊るし、



Img_0015

主義には反するのですが、既製品のバードバスまで置いてしまいました(^^;。

鳥の姿の少ない今冬。
さてさてここまで気合の入った鳥誘致作戦はどこまで奏効するでしょうか・・・。

 

blogランキングに参加しています blogランキングに参加しています 

|

« キーボード台の効能を期待しつつ・・・ | トップページ | いよいよ年の瀬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キーボード台の効能を期待しつつ・・・ | トップページ | いよいよ年の瀬 »