« XPサポート終了~! | トップページ | ブロッコリースプラウト »

2014/04/10

ベンジャミン・レジナルド 植替えその後・・・




先週、植え替えを強行したベンジャミン レジナルド。



Img_0005

葉焼けもあり、葉は落ちてスカスカ。

季節の変わり目や環境の変化で葉が落ちやすい木ですが、今回のように瀕死(大げさ?)の状態で時季外れの植え替えストレスも加わり、木的には大パニック状態ではなかろうかと察します。



Img_0007

ついでにドラセナマッサンギアナ。
幸福の木です。

こちらも下葉が枯れて、これだけならば正常な新陳代謝なのですが、新しい葉の先端も茶色く縮れて干からびていました。


ところが今週に入り、状態を観察しているとベンジャミンの方にこんな現象が・・・



Img_0050

お分かりでしょうか。
新芽が出てメデタイ・・・といったシャレではありません。



Img_0058

梢の先に涙が・・・。



Img_0059

剪定した傷口から出ているだけならば、元々樹液の多い木なので分かるのですが、もうそこかしこから、それも白いベタベタの樹液ではない、サラサラの水が垂れているのです。

窮屈な思いをさせた挙句にまだ寒いのに植え替えられて、更にあちこち切り刻まれた為、痛みに耐えきれずに流した涙でしょうか。



写真はありませんが、今朝見たら新芽もそこかしこから出始めています。
根が詰まっていたのと寒い時期だったので、水の吸い上げが悪い時期から、植え替えられて新しい根が水を吸い、幹や枝に水分を漲らせて、新芽を芽吹いたという事・・・だと信じたいです。


古い葉は、まだ緑色ですが、ぽろぽろ落ち続けています。
こうやって組織は生まれ変わるのですね。


根っこの部分が一番大切だという事でしょう。
自然界も社会も組織も、よくない環境で育まれた病的な組織は、環境が整うと排除され、次の世代を担う新しい組織がとってかわります。




スポンサーリンク



blogランキングに参加しています blogランキングに参加しています 

|

« XPサポート終了~! | トップページ | ブロッコリースプラウト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« XPサポート終了~! | トップページ | ブロッコリースプラウト »