« 梅雨の中休み(引続き虫注意!!) | トップページ | 梅酵素5日目 »

2014/06/23

梅雨の晴れ間に梅酵素




このところ大気の状態が不安定で、夕方には大雨や落雷の注意報が出てみたり、それでも場所によっては晴れていたりして、ミクロなロケーションで細かい予定が立てにくい毎日です。


そんな中、諸般の事情で今年が最後の収穫となる梅林の最後の梅を格安で分けていただきました。

土曜日に収穫されたようですが、天候は如何でしたでしょう。
手間だけ余計に掛けさせて、品物は格安では割に合わないというか、生産者の方に申し訳無い気持ちです。
落ちて痛んだり傷物の梅でいいですよと伝えてあったのに大層立派な梅が届いてしまいまして、更に痛み入ります。ありがとうございました。




Cimg0189

これは梅ではありません(^^;
そう。野外調理用のまな板と上白糖12kgです。



Cimg0188

漬物樽とザル,野外用の包丁とくれば、そう、例によって酵素仕込みの準備です。
今回は梅酵素の仕込みに初挑戦です。



Cimg0187

良いお値段なので省く方もいるようですが、レシピに込められた哲学をないがしろにしない主義の私は、海藻ミネラルやスターターになる菌をちゃんと使います。


・・・と、ここで気づくのですが、その頂いた立派な梅の写真が無い(T_T)。

仕方がないので、仕込み終わって更に数時間経って、浅い方の砂糖が溶けて無くなった状態の樽です。



Cimg0192

トマト数種類とプラム,ゆず,レモンバーベナ,紫と青の混じった紫蘇少々,等が足されています。
サクランボとかビワとかいろいろ足したかったのですが、スーパーではまだ高いし、なにしろ準備に時間が足りなくて買い出しにも行けない条件下で決行したので、内容は乏しいです。
梅が立派なのが救いです(^^;。



Cimg0194

夜には中身が浮き上がるくらいエキスが出ていて、早速泡立っています。
ところが樽の底には溶けきらない砂糖が固まっていますから、エキスの水分の多い上の方は下に比べて糖度が低く、発酵が進みやすいからなのでしょうか。
気温も高い時期ですから、うっかりすると発酵し過ぎになりかねません。



Cimg0198

写真はレードルを突っ込んでいますが、底の砂糖を掻き回すのは手で行います。
ドロドロ固い砂糖が上の方にも行き渡り、全体が均一に近づくと、泡の出も落ち着き、手には甘酸っぱい梅の香り高いシロップが残ります。これを舐めるのも楽しみの一つ(^^)。



Cimg0185

春の酵素の搾りかす(失礼!)の草は、こんなに茶色に見えていますが、ネットに入れて浴槽に浮かすと、出てくるエキスはうっすらと緑色で、ひなびた山の天然温泉といった趣になります。
・・・と言っても、もう草の残りはこれしかありませんから、あと2~3回風呂に入れたら無くなります。

梅酵素の出来上がりを待つほかありません(カスが目的か?!)。








カスタム検索



blogランキングに参加しています blogランキングに参加しています 

|

« 梅雨の中休み(引続き虫注意!!) | トップページ | 梅酵素5日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅雨の中休み(引続き虫注意!!) | トップページ | 梅酵素5日目 »