« 赤ビーツ(テーブルビートまたは火焔菜) | トップページ | 群馬産のひめかみリンゴ »

2014/09/17

水槽リセット




屋外にある植木鉢カバーをバケツのように使ってメダカを飼い始めたのが、私が個人事業主として独立開業してから10周年目の節目の年、2011年の秋ですから、かれこれ3年経過しているわけで、その間ずっと積極的放置主義を貫いてきました。

 

この駄ログも開業5年目の2006年、移転やら何やらでドタバタしている中、利用者に励まされ,同業者に睨まれながらも、貰い溜めたメールを基に拙いQ&Aを書きなぐったログが始まりですから、思えば遠くへ来たもんだ的感慨があります。

 

当時は写真の投稿や食べ物の話題は避けようとか、実際とは逆のオチャラケキャラで行こうとか、素を隠して背伸び(縮み?)して振りかぶった姿勢のマイルールに縛られていた感があって(今も?!)恥ずかしいです(^^ゞ。


ところで、今回の趣旨は今までの歩みを振り返って感慨を述べる事ではありませんで、そのメダカのですね、放置主義が行き過ぎてネグレクトになりかかっていた(恥!)ので、意を決して水槽を綺麗にしたというだけの話です(^^;

釜揚げシラスに触発された訳ではありませんが、身近な環境を少しだけ手を入れて生き物の環境を少しだけよくしよう的なマイ運動です。



Cimg0567
ヒメダカとミナミヌマエビとピンクラムズホーンは、個体の数こそ減ってしまってはいましたが、世代を超えて元気です。
・・・ですが、もう限界です。
別のDNAを加えないと、種の虐待になってしまいます。




Cimg0683
現在、黒メダカ5匹が足されて、計9匹。
鉢の容積に対して成魚だとほぼ定員くらいでしょうか・・・。

無事に冬を越して、春には子メダカが増えていてくれる事を祈りたいです(^^)。
ご飯に乗せて食べようとか考えている訳ではありませんが・・・。)





おまけ。
苦手な方は見ないでください(・・・ってムリか)。



Cimg0564

みんな一所懸命に生きています(^^)。





Google+  blogランキングに参加しています

|

« 赤ビーツ(テーブルビートまたは火焔菜) | トップページ | 群馬産のひめかみリンゴ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤ビーツ(テーブルビートまたは火焔菜) | トップページ | 群馬産のひめかみリンゴ »