« 酒まんじゅう | トップページ | 遅ればせながら頂き物の植物たち »

2014/12/01

幸福の木の花 (続)




先日発見した幸福の木の花芽

とうとう咲きました(^^;


昨夜から花が開いているのですが、激しい芳香でむせ返るようなと言う表現が大袈裟でないと感じるほど、んもう部屋中匂いまくっています。



Img_0218

Img_0219

Img_0224

調べると昼間は閉じて夜に開く花だとありますが、今は昼間ですが花は閉じても匂いは強いです(^^;。



Img_0196

先週の、蕾の段階では全く匂いがしなかったのが、いくつか花開くだけでこの香り。
満開になったらいったいどうなってしまうのか・・・。



Img_0197

Img_0192

上の3つは蕾段階の写真です。

鉢を代えて土を入れたのが良かったのか、葉はみずみずしくて元気ですし枯れる気配はありません。
数年に一度花を咲かせる的な神秘的な話は好きですが、次はいつ咲くのか、それまで元気なのか、やや心配なところです。


それはさておき「幸福の木」などと呼ばれる木が、珍しいとも言われる花を付けるのは嬉しい事ではあります。
ただ喜んでいればよいものを、珍しいという理由であれこれ良くない事の予兆のように捉えるのも失礼な話ですよね(^^;



とかく人は(私だけ?!)今を楽しむよりも過去を悔いて未来を憂う生き物です。

今はこの強烈な芳香に身を(鼻を)委ねて過ごそうと思う今日この頃です(^^)。



blogランキング  blogランキングに参加しています

|

« 酒まんじゅう | トップページ | 遅ればせながら頂き物の植物たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 酒まんじゅう | トップページ | 遅ればせながら頂き物の植物たち »