« 続 倉渕産キュウリなど。あといろいろお気遣いいただきありがとうございます | トップページ | 寺田本家 発芽玄米酒 むすひ »

2015/07/29

スズメが巣立った巣箱の掃除





ベランダに設置した巣箱に営巣したスズメは、7月中旬に無事巣立ち、しばらくは巣箱周辺でスズメファミリーが騒いだり喧嘩したりする光景を目にしていましたが、このところ雛鳥の行動半径が広がったせいでしょうか、巣箱にはあまり寄り付かなくなりました。

 

なので、今のうちに 来年に備えて巣箱の掃除です。


Cimg1495
巣箱を作ったのが一昨年の秋ですから、これまで風雪に耐えた風合いが自然に馴染んでいます(^^)。


Cimg1496
要らない横木をくっつけてしまいましたが、こういった装飾的なモノは自然の生き物にとっては迷惑なのだそうです。

 

外敵の侵入をしやすくするとか入居中の穴だという事がばれやすくなるとか・・・。



Cimg1494
巣箱は蝶番とステンレス板をちょん切った金具で屋根を留めているので、木ネジを外して蓋を開ける事ができます。


Cimg1497
開けて覗くと、中には巣材がギッシリ。

 

入り口の穴の位置が高過ぎたのかもしれません。


Cimg1498
写真の向きが違いますが、巣材をゴソッと取り出しました。

 

内壁の出っ張りは、これも要らないお世話で、入り口に飛び上れない時の足掛かりになるように付けたものですが、インコではあるまいし邪魔なだけだったようです(^^;。


Cimg1499
近所のスーパーのレジ袋がゴミ袋になりました。

 

巣材はかなりの量です。


Cimg1500
朝日を浴びるスッキリとした巣箱。

 

ここで熱湯を掛けてダニや寄生虫やカビなどを消毒するのがセオリーなのかと思いますが、連日35℃超えの高崎市、放置が一番の消毒と考えて、このまま蓋を閉めました。

 

木のうろや瓦屋根の隙間、軒下や雨戸の戸袋など、消毒もへったくれもない所に営巣して繁殖する鳥たちに対して、不潔な環境では繁殖が失敗したりする事もあるからだと思いますが、滅菌だの除菌だのはやり過ぎなのではないかという思いもあります。



建物の反対側に置いた巣箱は利用されていないようです。

 

こちらはブッポウソウ向けにもっと穴を大きく広げてみようかなと思う今日この頃です(^^)。



blogランキング  blogランキングに参加しています

|

« 続 倉渕産キュウリなど。あといろいろお気遣いいただきありがとうございます | トップページ | 寺田本家 発芽玄米酒 むすひ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 続 倉渕産キュウリなど。あといろいろお気遣いいただきありがとうございます | トップページ | 寺田本家 発芽玄米酒 むすひ »