« 富岡名物カリントまんじゅう | トップページ | 無農薬有機栽培の里芋 »

2015/10/21

柿が赤くなると、医者が青くなる




『トマトが・・・』とか、
『リンゴが・・・』などの言い方はヨーロッパのことわざのようですね(^^)。

どれも赤くなりますが、原文では果実の色付く時季の要素には触れていないようです。




Img_0790
まさに柿が色付く季節。


腰痛でいらしていた方からです。
治療は終了したのですが、通りすがりにお差し入れくださいました。

ありがとうございます<m(__)m>。




この秋は、盆以降の天候不順が落ち着いた辺りから季節の変わり目特有の腰痛が目立つようになりました。

頸椎専門を謳っているうちに腰痛でいらっしゃる方は、身体の事をよく解かっていらっしゃる方か、どうしても行けと知人に勧められた方かの大抵どちらかです(^^;。



腰痛を起こさない身体に戻していく過程で、頸椎の微細な不整合を取り除いておくという事の大切さを実感なさっている方が増えていますから、腹腔圧をかける筋力の賦活や姿勢の問題などと同じレベルで首の調整を求める事もごく自然な対策ではあります。

ですがやはり、痛いのは腰なのになぜ首を??という疑問を抱く方も少なくありません(^^;。



頸椎調整といくつかの姿勢筋の調整で腰が楽になった方は、この時季昼間は汗ばみますが、冬に適応する身体を作るために、日頃「その場足踏み」と「浅めスクワット」,「スワイソウ」を行う事をオススメしています。








blogランキング  blogランキングに参加しています

|

« 富岡名物カリントまんじゅう | トップページ | 無農薬有機栽培の里芋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 富岡名物カリントまんじゅう | トップページ | 無農薬有機栽培の里芋 »