« タイヤ値上げの記事に煽られて・・・ | トップページ | 久しぶりの四万温泉 くれない旅館さんでの昼食 »

2017/06/17

セグロアシナガバチ再び (^^)/ (虫 注意!)





2013年に我が家に訪れ、ひと夏を共に過ごした(大袈裟)セグロアシナガバチ



あの時は、まだ小さかったオリーブにつく蛾の幼虫も、シバツトガの幼虫もほとんど見かけず、手のかからないうちの小庭でした。

あれから5年

彼ら(まだ1匹ですが・・)は再びやってきました(^_-)-☆


Cimg3358
わかるでしょうか・・・


Cimg3357
真ん中あたりに写っています。


Cimg3355_2 
この写真は、訳あって水浸し状態の巣ですが ・・・



これを見つけたのは、徒長してコナジラミにたかられて貧相に枯れかかっていたローズマリーを剪定した後です。

コナジラミは、葉をゆすると舞い上がる1mmくらいの白い虫で、葉から吸汁しますが、葉の柔らかい先端部に多くいるので、とにかくジャンジャン剪定しまくりました。

そして舞い上がったコナジラミが再びローズマリーに舞い降りるところに、効くかどうかわからない殺虫スプレー缶で攻撃を行ってしまったのです。


すると、聴きなれた羽音の蜂が一匹、ゆっくりと飛び去るではありませんか・・・


Cimg3356 
巣には誰もいませんでした。

多分、飛び去った一匹はこれを独力で作った越冬した女王バチだったのでしょう。



・・・ 殺虫剤をかけてしまった orz ・・・



後悔しつつ、罪滅ぼしにはならなくともせめてもの悪あがきで、散水ホースで巣を傷めないように水をかけ、できるだけ薬剤を洗い流しておきました。
とはいっても薬剤は水溶性とは限らず、どこまで効果があったかわかりません。

巣の卵(産んでいたとしたら)に殺虫剤がかかっていない事、女王バチが再び巣に戻ってくれることを祈るばかりです。




Cimg3359
大いに凹みながら、枯れかかっても復活を繰り返すガーベラの鉢の世話をしてみたり・・・




Cimg3364
鉢をどかすと大概いる、ヤスデの赤ちゃんとムカデの赤ちゃんのツーショットを撮ってみたりしながら、祈るような気持ちで女王バチを待ちました ・・・。

(しかしここまでのセグロアシナガバチ愛はどうなのでしょう)



そして夕刻 ・・・


Scimg3374
やや小柄な女王バチです。

顔つきと胸の模様の色合いからセグロアシナガバチです。




Scimg3377

戻ってきてくれていました( ;∀;)


どうかどうか、薬剤の影響がありませんように ・・・ 人( ̄ω ̄;) スマヌ




セグロアシナガバチ2017のつづき









blogランキング  blogランキングに参加しています

|

« タイヤ値上げの記事に煽られて・・・ | トップページ | 久しぶりの四万温泉 くれない旅館さんでの昼食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タイヤ値上げの記事に煽られて・・・ | トップページ | 久しぶりの四万温泉 くれない旅館さんでの昼食 »