« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019/08/15

首を”ついで”や”おまけ”でいじられる怖さ



お盆に帰省し墓参りに行き、数か月ぶりに親族と顔を合わせたり、久し振りの友人と会ったりして過ごすことができました。


Cimg5911


私が首を専門に調整するカイロプラクターであることは周知のことなのですが、10年前は皆若く、身体のトラブルなどは他人事だった旧友たち。

が、ここにきて身体が言う事をきかなくなったりあちこちに痛みや不具合がでてくると、途端に体の事が心配事の上位に昇格し、久々に会う私にあれこれ相談を持ち掛けてきます。


皆、各々お気に入りや贔屓にしている整体やカイロプラクティックがあったり 行きつけの病院があったり かかりつけ医が近所にあるのは、ライフステージ相応というか、おおいに納得のできる現象なのですが (;'∀')

こちらに気を使うような連中ではありませんから、それぞれ行きつけの治療院をほめちぎります。
あてつけではないかと勘繰りたくなるほど「マイ・ゴッドハンド」の先生を持ち上げます(^^;)
生活圏がまるで違いますから、商売敵っぽい意識をせずになんでも言えちゃうようです。

相手が病院や医者となると、途端に悪口になるのも不思議なのですが・・・(´・ω・`)


私も患者の生の声はなかなか聴けませんから、旅の恥は掻き捨てではありませんが、良いことも悪いことも根掘り葉掘り聞き出そうと試みます。


気になったのが、地域で評判のいい治療院(柔整だったり鍼灸だったりあんま指圧だったりなんとか整体だったりカイロetc.)に行ってはみるものの、実はその治療院では骨盤を念入りに調整するところだったり筋肉や筋膜,関節,結合組織の緊張をリリースするところだったり・・・つまりやる事が治療院によって全然違う(ここまでは納得できます。というかそういうものです。)し、

肩こり腰痛から あれこもれもご相談ください ってホームページには書いてある(これも大いに分かります)

で、首は大切だからということで(この点においてはどこも見解は一致しているようです)あれこれ弄られるそうなのですが、それがほんのついでやおまけの施術で、最後にボキボキっと捻られたり、ギューッと引っ張られたり、頭を支えられてなにやら上げ下げされたり。


つまり仕上げのご挨拶のような施術を受けている事が多いような印象なのです。
大切だと分かっているなら、首に対してそんな触り方はあり得ないだろ!・・・という施術を受けてから「手がしびれるようになった」「定期的に寝違える」「血圧が上がった」「頻脈が・・・」


話の途中までは私も、「べつに首を専門に調整するよって謳っている訳じゃないんだから~」「全身を触るような所は首なおまけ扱いになっちゃうのかもね~」などと、ご同業を弁護するようなトーンで聞いていましたが、現在の不調の原因を作られてしまっていると聞き及ぶにつけ、昔私が受けて不調原因となった『矯正と称して壊される』ことがいまだに行われている事に恐怖しました。


リアルです。
お盆の怪談並みに、いやもっと怖いです。
本当にあった怖い話です。

なんか皆申し訳ない<m(__)m>
私ごときがおこがましくも、業界を代表して謝りたくなるお盆でした。

本当に皆申し訳ない<m(__)m>



当院は8/16(金)から通常施術です (^^)


Cimg5922






 








blogランキング
 blogランキングに参加しています

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »