施術と適応

2019/05/27

Q.必ず治りますか?

久々のQ&Aです。


A.「必ず」しも治るとは言えません。


なぜならば、「治る」の基準が人それぞれ違うからです。

アジャスト後、身体の状態は必ず変化しますが、治ったと感じる閾値を超えるかどうかは受ける人によります。

即効性を求める人は、新陳代謝を待って健全性を手に入れるような、まどろっこしい治療法は求めていないのでしょうから、一時しのぎの対症療法を選択しがちですし、それはそれで間違いとは言えません。

1年先,5年先の健康体を手に入れましょうなどとおせっかいを焼く気もありません。
根治を求めるということは、単に治療法の選択という方法論ではなく、生き方や人生哲学そのものなのです。

それに気がつき、求めるようになるのには、時期やタイミングがあります。
本当に必要な人に、必要な時に、必要な施術を行うために、ミスマッチな施術は行いたくないですし、行うゆとりもありません。


「必ず治る」と言ってほしい方は、「必ず治ります。治します。」といった耳ざわりの良い事を言ってくれる治療院に行きましょう (^^)





blogランキング
 blogランキングに参加しています

| | コメント (0)

2018/02/13

首の歪みを治して腰痛予防



今後、健康関連の個人的な考えを書く的な宣言をしてしまいましたが、初めに書こうと思っていた口内環境についての個人的体験よりも先に、仕事に関する予備知識的な雑学について少し・・・(^^;




上部頸椎
とは・・・


頭の底にあたる後頭骨と


Occ



後頭骨を支える 第一頸椎(環椎)と

C1


第一頸椎の環に対して軸となる 第二頸椎(軸椎)

C2
これら3つの骨を合わせて


上部頸椎と呼んでいます。

Uc


( ↑ 図は簡略化してあります (^^;)



これらの骨の穴(椎孔)が連続したトンネル(脊柱管)内を、脊髄が通っています。

20170516_164501


背骨の一番上に位置する 第一頸椎は、左右にある 指先ほどの面積の2点(上関節窩)によって、体重の1割程度も重量のある頭を支ています。

第一頸椎と第二頸椎間の回旋方向の可動域が大きく、第一頸椎の水平が乱れると 頭の重心を支える負荷に 2点間の左右差が生まれ、

力学的な代償作用で 脊椎の歪みを生む上、脊柱管の歪みが後々 身体の各地に不具合を生みかねません。


Tt2017

ここを上手に調整し、中枢神経の通り道と 身体を支える機能を正常化させましょう
というのが 上部頸椎調整の目的です。


腰痛やひざ痛の方が 上部頸椎調整でよくなっていくのは、内在する自己調整力(自然治癒力)のおかげではありますが、身体の重量配分を上手に支えたり、支える力が他の不具合を生んでしまうといった悪循環を断ち切る意味も大きいと考えられます。




blogランキング  blogランキングに参加しています

| | コメント (0)

2014/12/30

霜の光る朝



仕事納めの朝は穏やかに晴れて風も無く爽やかでしたが、昨日の雨が濡らしたあちこちが凍って車のガラスの霜を溶かすのが大変でした(^^;



Cimg0920

道端の生垣も霜でバリバリです。



Cimg0919

畑もこの通り。
土の中がもう少し暖かければ、地表の気温が氷点下だと霜柱が立つのでしょうね。
これはただの凍土ですが・・・。



正月飾りなどを用意して、暮れの準備はほぼ終了です。
今日は夜の部もやや延長戦ですが、今年最後の仕事です。
気を引き締めて、しっかりと結果を出すアジャストメントを行いましょう!!(^^)!。



(加筆 ‐ 問い合わせのありました下半身麻痺の参考記事ですが、ロイターの記事を見つけたのでリンクしておきます↓。
お大事になさってください。

オランダの車いす選手 モニク・ファンデルホルストさん「奇跡の事故」で下半身まひ回復 

2011年12月11日の新聞記事で見つけたものですが、新聞記事はアップロードできませんので上記リンクをご参照ください。

医師は、驚くべき回復について「説明がつかない」としているそうですが、上部頸椎をアジャストしていると、これほど劇的な回復ではなくとも近い例は日々目の当たりにしています。
個別にどこまで回復するか予見できれば完璧ですが、そればかりはアジャストしてみないと分からないというのが正直な所であり、そこが悔しいところでもあります。)



皆様今年一年大変お世話になりました。
いろいろあって、あっという間の一年でした。

次の更新は新年の挨拶になるでしょう。
ではでは良い暮れ&新年をお迎えください(^O^)/。




blogランキング  blogランキングに参加しています

| | コメント (0)

2014/09/11

未就学児童への施術について



Q. 3歳になる娘が側弯症気味です。病院では様子を見ましょうと言われています。アジャストしてもらえますか?



A. 当院では、就学年齢に達していない段階でのアジャストメントは、本人の体格(発育状態)はどうあれ実施しておりません。
骨格が未発達な段階では、調整が調整にならない場合が考えられるからです。
学齢に達して、その段階で目立つようであれば、定期的に病院で発達差を観察するでしょうから、そのタイミングで調整を開始しましょう。

+  +  +  +  +  + 


時事問題などについて明示的にコメントしない事を決め込んでいる当ブログですが、先日よりニュースになっている問題について、悲しいと言うか情けないに近い憤りを感じていまして、この場を借りて一言(で済むかどうか・・・)。
明示的には書きませんから何の話か分からない方はスルーしてください。

ハッキリ言って、身体の事、健康に関して言われている事などは、周知の常識でさえ、もっと言えば医学的に立証されて定説となっている事柄ですら、神ならぬ身の知る由もない分野であって、他人の身体にあれこれ余計なお世話をしようとする場合は殊に、分かっている事であっても慎重に行い、分からない知らない領域については手を出さないという姿勢でなくてはならないはずです。

整体や赤ちゃんマッサージなどの分野に限らず、とかく人間は、少し分かった気になると、やってみたり作ってみたり利用してみたりしなくては気の済まない野蛮で浅はかな動物です。

 

  • 基準値以下の放射線を浴び続けるとどうなるのか。
  • エネルギー(熱)を得た後の燃料は捨てると将来どうなっていくのか。
  • お金や力を持つと誇示して使ってみたくてしょうがない、海や空が汚れてもまるで世界は自分の物であるかのように、自分の敷地が汚れ放題で他まで汚していても意に介さない、気候変動が起こりつつある事にも責任も感じず、まるでオツムの発達はさておいて体格ばかりが良くなった若造が、脛を齧ってきた経緯は無視して、大人しく成熟して老いた家族を体力(暴力)で脅し、家(世界)の秩序をまるで我が物顔で破壊していきつつあるかのような、どこぞの国家も然り。

 

暗愚な私が不適切な例を並べ挙げるまでもないですが、少し想像力を働かせれば分かるような結果を自ら招く行動をとる事が往々にしてあります。

動画はややグロテスクに誇張されていますが、身体の出来上がっていない乳幼児に対する過剰な刺激(ここでは揺さぶり)が引き起こす問題を分かりやすく提示しています。

苦手な方は再生しないでください(↓)。




大人の身体に対してであっても、特に頭や首は慎重に扱わなければ、頚動脈洞反射や椎骨動脈損傷,脳血管障害を持ち出すまでも無く、常に危険を伴う部位であることは明らかです。

生き物の持つ恐怖心とか畏怖の念とかはですね、自然の与えてくれた安全装置であって行動に命じる心の自動ブレーキであって、恐怖心に打ち勝つだけが心の強さではないのですよ。


見るに堪えないとかかわいそうとかおぞましいとか怖いとか不安だとか、心は外界の色々なシグナルを読み取って反応し、行動を制約するわけです。
血を見ると失神するとか雷が怖いとか、当たり前なのです。
危険から遠ざけたり仲間を逃がすために個を犠牲にさせたり、死んだようにフリーズさせて延命させるなど、種全体のメリットになるように仕組まれています。

生き物の首を捻ったり鳴らしたりする事に対して怖さを感じる事は当然です。
仮に、『直ちに健康に影響を及ぼすものではない』と言われても、目に見える、そこにあって触れる怖さは、目に見えない放射線や化学物質などの比ではないはずです。



私思うに、近代資本主義的というか経済システムの効率化自体が、自然な心の、ある意味原始的本能的な生き物としての機能を麻痺させているのではないかと感じる今日この頃です。

が、それとは別に、知れば知るほど怖さを知る事もあります。
怖いもの知らずというか、無知で愚かであるほど平気でやれてしまう事ですね。
目先の利益のために環境の汚染に目をつぶる事や、良かれと思って(いたとしても)乳幼児の身体を過剰にいじる事などです。



Earth

 

空想的、夢想的に楽観的な姿勢は、発明発見,アイデア勝負の世界では素晴らしい資質かもしれませんが、ただでさえ仕様書や設計図通りには出来ていない人間の身体や自然の生み出した環境などはですね、良いと信じる理由があったとしても、神ならぬ身の私達が勝手な判断で、やたらめったら改善とか矯正とかしようとするものではないのです。

 

積極的に改善や矯正が必要なのは、人間が猿知恵で勝手に作り出した国家だったり経済システムだったり制度だったり、利権がらみで拘縮している『人為的』に出来ている関節(?)だけです。
(これだって設計通りにいっていないから歪みが生じるのでしょうけれど・・・。)

 

話は一気に飛躍しますが、これからの地球で人類が環境と仲良く、細々とでも暮らしてゆく為には、一度どこかで’集団記憶喪失’とかにでもなって、文明的な事や技術や知識も歴史認識などもすっかり忘れ去って『阿呆』になって出直すなどする事が出来たら、それが大々的な破滅的体験を経ずともやって行く事の出来る数少ない道なのかな・・・などと考えてしまう今日この頃です。

(夢想的な空想家は私の方だった?!)



Google+  blogランキングに参加しています   【群馬県 整体 カイロプラクティック】大野カイロプラクティックセンター

| | コメント (0)

2014/09/10

便秘解消!なぜ上部頸椎で?



Q. 母と一緒に便秘の相談に行ったら、個人差の説明や生活習慣や食事や運動についていろいろ説明されましたが施術を受けて私は治って母はまだ治りません。
私は頭痛や肩こりも治りました!やっぱり便秘が諸悪の根源だったのですね(^^;
母の背中や腰の痛みも便秘が治れば治ると信じて通います!

 


A. 久々にQ&A形式です(^^)。

 

このところ気候がおかしいせいか野菜が高いせいか、お通じの問題が引き起こしていると思しき頭痛や首こりや肩こりや腰痛の相談が多いです。

ご相談の方は、7月の肌寒い時期に相談にみえた方ですが、掲載(公開)可のレポートをいくつも頂戴しました。大変貴重な記録をありがとうございました。
公開希望に甘えて当院のHPの方にも載せていますが、やや脚色している点についてはご了承くださいませね(^^)。

 

頸椎専門と謳っている所に便秘だの腰痛だのと相談に見える方は、余程マニアックな健康オタク(失礼!)か熱烈な上部頸椎ファンか、さもなければどなたかから紹介を受けたりそそのかされたり、うちに来ていて治った方を身近で見ていて行く気になった系の方々です(大半がこちら)。

 

ご相談(・・・というかご報告)の方も、通っていたエステのエステティシャンの方が偶々うちの利用者だった事が始まりだったわけですが、内容の『便秘』については主訴として受けるというよりは、最初は頭痛やめまいや首こりの相談で、実は本人の語らない便秘があって、先ずそちらが治って首も頭痛も治るという過程を経る場合がよくあります。

 

つまり副作用的に治る場合が目立つという事で、『便秘』そのものを主訴とするケースは少ないというか見落としがちというか、とかく女性に多い悩みはデリケートな内容になる為に、おじさんカイロプラクターにいきなり・・・例えば、『私は便秘で生理が重くてセックスの時痛い』・・・なんていう、それは婦人科か泌尿器科だろうという主訴をぶつけられる事は比較的少ないのです(^^;。

 

なので、その事をお話しさせていただいた上で、先ず上部頸椎を調整して肩こりや頭痛の解消にどれだけなるかやってみましょう的な流れでしたね。

人は、生まれて以降長い人生を送り、時期が来て死んでゆくまで

 

  • 動いて(遊んだり働いて),
  • 食べ、飲み,
  • 排泄して,
  • 休み、寝て,
  • 生殖、子育てして,
  • 社会に貢献したり世の為人のために動き回って,

 

過ごす生き物です。
と言うか、最後の項目も含めて生き物全てそうですね。

個人の身体というミクロな視点に絞って見れば、摂食と排泄を繰り返して動き回るだけです。(ここでは魂の乗り物としての肉体や、種の保存,自己実現といった視点は無視して語っています)


消化管は身体に内包する外界であり、植物で言う根の部分であって、土を健康に保つ事と腸内環境を健全に保つ事は似ています。
健康を語る上で、何を食べるかという事よりも『いかに出すか』の方が大切です。


上部頸椎の調整が奏功して骨格や神経の働きが整った場合、全身の機能が健全に働く上で大切な自律神経の活動も整いますから、骨格筋などの横紋筋だけでなく、内臓平滑筋の運動も正常化して、ごく普通のお通じが戻ったり、場合によっては「ゆるく」なる場合もあります。
但し、長い期間お薬に頼った排便を習慣化されている方は、いわゆる「自然なお通じ」という状態に戻りにくいようではありますが・・・。




便通の悪い方は、食物繊維を摂り、プロバイオティクスを摂り、ヨガに精を出し、歩いたり走ったり、頭寒足熱を心がけ、心を平穏に保つトレーニングをやり、腹式呼吸をやり・・・
およそ考えられる対策を全てなさっているような方もいらっしゃいます。

そこに、重い頭を支える上部頸椎の歪みを取り除く事によって、解消されていなかった最後の邪魔が取り除かれて、便秘解消~!という状態が訪れるのです(^^)。

中には上部頸椎調整と腹腔圧をかける筋肉,殿筋,ハムストリングスを緩める操作だけでお通じの問題が解消する場合もありますが、慢性化している場合は一筋縄ではいかないケースも多いですし、怖い話をすれば直腸がんや脊柱管が狭窄している症状のひとつとして、また腸の一部が閉塞ぎみであるなど、下手にエステや整体で横行結腸に圧をかけられるなどすると重篤な問題に発展する可能性がある場合も考えられるので、重症な方は医療機関の受診を優先してくださいね。



便秘を解消できました!

お母様の場合は、過去の手術の影響や現在の膝や腰の器質的な問題もあって、十分な運動が出来ない事もお通じを悪くしている一因でしょう。

私も力の及ぶ限り尽力させていただきますので、こちらこそよろしくお願いいたします。



Google+  blogランキングに参加しています   【群馬県 整体 カイロプラクティック】大野カイロプラクティックセンター  【群馬県 整体 ,カイロプラクティック】大野カイロプラクティックセンター携帯サイト(便秘)

| | コメント (0)

2014/07/30

大野カイロプラクティックセンター【群馬県》高崎市》整体,カイロプラクティック》上部頸椎,AOT】

 



大野カイロプラクティックセンター ホームページ




 当院は、健康維持の要である上部頸椎(頭蓋骨と第一,第二頸椎)に起こる僅かな歪みに対して、合理的な体位と微小な振動を第一頸椎(アトラス)に与えるアジャストメントによって慎重に調整する、上部頸椎カイロプラクティック専門院です。

 




Ao_cts

 

 

 

 

 

 

 

 

 一般の医療処置や整体などでは治らなかった様々な問題に対して、問題の根本原因の一つである第一頸椎の回旋と傾き、それらが齎す全身に及ぶ不調に対して侵襲的な刺激を与えずに一瞬で行う微調整によって、小学生から年配の方まで多くの方々が傷み,痺れ,自律神経の問題などから解放されています。

 

 

 

Aot_0363

 

 


 当院で行うアトラスのアジャストメントは、米ライフ大学教授 Dr. ロイ.W.スウェット先生が完成したアトラス・オーソゴナル・テクニックの理念と哲学を継承しています。




 

 

 

 

大野カイロプラクティックセンター ホームページ




+  +  +  +  +  + 

 

 


 当ブログは、移転当初は皆様から寄せられる質問やご意見に対し、プライバシーに配慮し加筆編集した上で答えていましたが、一通りの問答は出揃った感があり重複も起きてきたため、現在では私大野の個人的駄ログとなっています(^^;。

 

 

 

 プライベートな話題は別ブログを作るべきだったと今更後悔しても後の祭りですので、このまま日々の出来事に駄弁を弄して参ります(^^)。

 

 

 

 やや真面目な身体に関する話題などについては、過去ログをご参照いただければ幸いです。

+  +  +  +  +  + 

 

 

 

 

 




Google+

 

 blogランキングに参加しています 

| | コメント (0)

2014/03/20

アトラスを正確にアジャストするという事


 アトラス(第一頸椎)のアジャストメントは、全身の生理的秩序の回復を促すことで、首や肩、頭部の問題のみならず、腰痛や下肢の痺れ,痛みなどの他、神経系の働き全般に対し驚くべき効果をもたらす事が分かっています。
 上部頸椎の歪みが二次的に引き起こしたと見られる循環器系や消化器系の症状など、間接的な問題においても改善を見るなど、アトラスをオーソゴナル(直交)に調整する事の恩恵は計り知れない可能性を秘めていると言えるでしょう。

 






 アジャストメントの正確さと再現性,問題解決への過程を高精度で予測する事・・・、これらは我等アトラス・オーソゴニストにとって永遠に追及してやまない課題でもあります。

 2014年。
 私はこれまでの1万余例ほどのアジャストメントの経験から得た教訓,学びを基に、今後も更なる貢献を果たして行く事を誓います。


 



blogランキングに参加しています blogランキングに参加しています   【群馬,高崎>整体,カイロプラクティック】大野カイロプラクティックセンター 

| | コメント (0)

2013/11/01

パジャマの上着はズボンにイン??



タイトルはどこぞのニュースサイトと被っているかも知れません。
本題はさて置いて・・・



Img_0008

秋もだんだんと深まってゆく頃。
朝晩の気温が下がり、日中の天気によっては寒暖の差が大きくなって、風邪をひいたり体調を崩したりしやすい季節です。

この時期、夏場と比べて寝返りなどの睡眠中の動作が減り、寝姿勢がおとなしくなってくると起きてくる腰痛や肩首の痛みやコリの増悪は、首や肩口の冷え,日中の脚の背面の冷えなどが筋腱の張りを生み、気圧の乱高下によって起こる内圧との拮抗点の移動が引き起こす痺れや痛み,自律神経の働きの乱れなどと相俟って、本来睡眠で解消されるべき筋肉骨格の疲労の蓄積といった側面も見逃せません。


・・・と、最近めっきり減った本職の専門分野に関わる話題です(^^ゞ。

それなのにQA形式ではなく、尚且つカテゴリーを日記にしているのは、上から目線の啓蒙などではなくて個人的なエピソード紹介に過ぎない記事だからなのです。そうなのです。


実は職場で使っている術後の就寝用ベッドが、元々片方調子が悪く、スプリングのきしみ音などが最近殊に目立っているため、分解して必要とあらば注油や溶接なども厭わない覚悟で一台自宅に持ち帰りました。
しかし安物の、しかも結構へたって来ているベッド。綺麗に縫製を剥いで構造材を点検し、元通り直すなんて事を設備も機材も工具も無い私に果たしてできるだろうか。
持ち帰ったはいいものの、タッカーを外して布を切り裂く事にビビり始めた私は、これは利用者の寝心地を試すいい機会だとばかりに修理を諦める事を合理化した上で、自分の就寝に使ってみることにしました。実際に使っているうちに材が馴染んで音がしなくなるかもしれないし、そうならなくとも寝てみて初めて分かる問題もあるかもしれないし・・・。


数日そのベッドで就寝した結果、ベッド自体の不調は特定の位置に荷重をかけると音がして、荷重を抜くとまた音がする。スプリングの連結が切れているのかは不明だが、沈み不陸の問題はなさそう。
・・・という事で、音さえ気にしなければ普通に使えるのではないかという判断を下した所で、今度は別の問題が出てきたのです。

それは、私の肩(持っている頸椎椎間板ヘルニアに関連する部位)に痛みが出、腰の疲労回復が遅くなっているという問題です。

先述の要因に寝具の持つ問題を加味して考察しつつ就寝する事さらに数日。
ベッドのマット上面の水平を計り、沈みの不均衡を調べ、硬さの程度をそれまで就寝していた布団と比べ、出た結論はズバリ
「シーツが悪い」でした(^^;。


シングルベッドのボックスシーツが、職場で使っている洗い替え4枚全て同じものなのですが、それは厚手で暖かく肌触りもややザラザラしたふんわり感なのです。
ひんやりツルリンとした触感とは対極にある感じで、滑りません。
なので、幅が狭いのにも関わらず掛布団がずり落ちないのは良い点なのです。

しかし、先週から長袖パジャマを着用して就寝する私の体をもしっかりと捉えて離しません(^^;。転がるには良いですが、接している面が全く滑らないので、寝返りの際にパジャマが捩れて引っ張られ、たまに体を浮かしてパジャマの引き攣れを引っ張ってずらすという作業が不可欠になっていたのです。もちろんその動作は無意識に行っている事もあれば、意識してやる事もあります。

これが原因です。
硬さも沈みも保温性や通気性も許容範囲内の、しかし狭いベッド。
その表面が摩擦抵抗の大きな素材だったとすると、寝姿勢の自由度が減り、睡眠の質を下げ、就寝中に骨格筋の緊張を生み出すのです。


ではどうするか。
ツルリンとした素材のシーツに変え、ついでに掛蒲団や枕カバーもツルツルにしたとします。すると、夏の肌掛けで起きる現象、つまり、勝手に滑り落ちて残されているのは自分の体だけという状況が起きかねません。4枚もある洗い替え用ボックスシーツを擁護する為申し添えておくと、この滑らない素材は暖かいし、布団がずり落ちる事を防いでいるので、それはそれで良い面もあるのです。

勿体ないのでこのシーツはこのまま使う事にして、それでは何を変えればよいか。
それは私(寝る人)の体です。と言うか、寝間着です。パジャマです。


冬場、S発田の実家へ行くと、雪深い山あいのこと、しんしんと降り積もる雪の夜は寒かろうと、冬用布団にシーツ、そこに毛布を重ね、寝た上に毛布、更に掛布団、その上にも毛布といった過剰な毛布ずくしに遭うのですが、うっかり寝間着にフリースの上下など持って行こうものなら、モウセンゴケに捕まった羽虫よろしく、ハエトリソウに挟まったハエよろしく、真夏のスタッドレスタイヤよろしく、寝返りはおろか身動きさえ取れない程の摩擦係数で、しんどさのあまり防水ツルツルの自転車用ウインドブレーカー上下を着こんで寝た事があります。

その時悟ったのは、自分がツルツルしていさえすれば、周囲がツルツル要件を満たしていなくとも動作を阻害しない。もっと言えば、外部に多くを求める事よりも自分が変化すればよい。さらに言えば、他者は変えられないが自分なら変われる(ちょっと違うか)。


そこで、奮発してシルクのパジャマ上下(安売り。ポイント利用で更にお得。)をゲット。
変えられるシーツではなくて、敢えて自分のパジャマを奮発して綿からシルクに変える選択をしました(ただ欲しかっただけでは?)。
25年ぶりのシルクのパジャマです。昔のパジャマはうっかり洗濯機で洗って縫い目部分だけが縮んでしまい脇の下と股がくちゃくちゃになってしまってすぐに着られなくなりましたが、今回のは気を付けます。そしてその着心地寝心地は・・・

んもぅ、すべすべのツルツルです。ウインドブレーカーよりも吸湿性が良く(あたりまえ)、ごわごわしないし、シーツも布団もまとわりつかないし、安かったとはいえ奮発した甲斐があったというものです(^^)。



そして、タイトルの問題です。

私はイン派です(^^ゞ。
よくよく考えてみると、シャツを出していると多かれ少なかれ寝返り動作の邪魔になります。上着の裾が残ると言うか引っ張られるというか・・・。


寝姿勢の自由度が高い程、疲労の回復と身体の機能保全に良いというのが私の持論です。
しかし、だからと言って無重力が良いとかではありません。

自重を支え
つつ寝具に横たわる事で、重力による体液の偏りを減らすため圧力による体液循環の偏りを減らすため,圧力によって骨格筋の収縮の癖を除くため,重力によって内臓平滑筋の運動を促すため(これについては根拠希薄)、寝返りという無意識下での動作を行います。

この動作をを阻害する要因は様々で、中でも目立つのが体圧分散型の素材を使った寝具と、柔らかすぎるベッドです。


今回発見した「滑らなさすぎる寝具,着衣の素材」も、「狭すぎるベッド」と並んで寝具の新3大健康減退要因の一つとさせていただきたいと思います(^^)。
(ここでヘンデルのサラバンデ♪ ←間違い!チャイコのピアコン第一番遍路町長♪)



Img_0007
因みに、当院のベッドでは寝返りはおろか横向き寝も禁止の魔の20分間を過ごして頂くため、寝返りを考慮した作りにはなっておりません。
ひたすら、吸湿性,保温,清潔,洗い替えのしやすさ、といった点にのみ気を使っています(^^)。





カスタム検索



blogランキングに参加しています blogランキングに参加しています 

| | コメント (0)

2013/07/06

熱中症注意報




梅雨入り宣言したとたんに爽やかな晴れた日が続き、水不足も心配された今年の梅雨でしたが、ここに来て急に雨がちになりてわろし・・・ぢゃなくて、湿気がちになり、まだ朝方はひんやりしてはいますが、ジメジメさ加減は急増です。
体がついていくのが大変です。

ところが植物や菌類は元気です。



Img_0003

この間、数日元気に生えていたキノコとほぼ同じ場所に、今度は以前からよく見かける、すぐに萎びるキノコが生えました。



Img_0004

土中に有機物が眠っていて、分解する過程で活躍する菌の遷移が起きているようですね。
大物が小さくなり、いつもの菌の出番が来たという事でしょうか。

それにしても、ここの場所だけなぜ。土中には一体何が?
たしか下は塀の基礎が横に伸びているので、縁起でも無いモノが遺棄されているとも考えられません。(普通考えないだろ(^^;)

DIYで鋸を曳いた木粉などをぶちまけた記憶がおぼろげにありますが・・・(^^;。




乾いた冬から春~初夏と、だんだん湿ってきて、ここで水を得た魚(菌)が一気に分解を進めたのでしょうね。
菌はヤスデや何かの餌になるのでしょうけど、最終的に芝の栄養になってくれれば良しとしましょう。




ところで表題の件です。
うちの利用者の中でも、熱中症や脱水症が頻繁に見られるようになっています。

血圧が上がってふらつくと思い病院に行ったら熱中症と言われ点滴された。

肩から首が張って辛く、頭も痛くなったので受診したら熱中症だった。

などなど、本人の自覚症状は他愛のないモノでも、心筋梗塞や脳血管障害の危険が高くなっているような事があるので、『首が突然痛くなったから大野カイロで・・・』と考える前に、糖分も塩分も気にせずにスポーツドリンクをジャンジャン飲みましょう。
身体の水を総入れ替えするつもりで。
トイレにすぐに行きたくなります。ですが「出るのだから水分足りている」と判断しないで、「出た分を取り返す」くらいの勢いで摂ってください。

一気に飲んでも組織に吸収されずに追い出されるのです。それでも飲んだ水分が直で出るのではなく、それまで体の中にいた水分が押し出されると考えて摂りましょう。

不足を解消したら、あとはセオリー通り『100cc程度づつを1時間に1~2回』の摂り方で水分補給しましょう。



温泉でリフレッシュ。サウナでスッキリ。
んもぅ、これでもかと水分補給してください。血が粘土みたいになっちゃいます。



僕も、朝から4回目のグリーンダカラ400cc(マグカップ)補給中です( ^^) 。



blogランキングに参加しています blogランキングに参加しています

| | コメント (0)

2013/06/19

脊椎側弯症は治りますか?




Q.私も子供も脊椎側弯症です。治りますか?

A.久々のQ&A形式です。

さて、かなり前にも書いた記憶がありますが、器質的な側弯は、物理的に外科手術などの手段を使わないとどうにもならない(可動域の変化によって目立たなくなる事はありますが)とお考えください。

筋肉の左右の発達差や上部頸椎の回旋変位などの代償によって生じる機能的な左右差については、若い段階であればあるほど、偏りが無くなる(負荷を分散できるようになる)可能性が高いです。


原因については、幼少期の寝姿勢の癖や動作の癖などが左右の運動性を偏らせ、発達差を生んでしまう事以外に、遺伝的な要因や筋肉や神経,骨の病気が影響する場合があるようです。


最近見つけた記事ですが、ほぼAISだろうと思われる方でも、症状の程度によってはかなり目立たなくなっている例もあります。日常生活に支障を来たすような段階では全くなかった事も幸いしていると思いますが・・・。



Img_0010


このXPのように極端に弯曲していても、全く不自由とか痛みなどを感じずに、美容面で気になるものの、元気に生活なさっている方も多いです。

背骨に側弯があると、特に体をひねって行う作業や屈曲伸展などの動作で、片側の筋肉に負荷が大きくかかりますから、痛みを生みやすいと言えるでしょう。

形状を矯正する事を考えるよりも、機能の健全化を考えた方がいいと思います。
そのような観点から、上部頸椎の微調整はお役に立てると考えています。





QAで一緒に載せるのはどうかと思いましたが、もう一つ最近の記事です。


Img0


私は、残念ながら両膝の半月板の、それこそ器質的な問題を放置しているので、自転車でもレース的な走り方はできません。
自転車通勤の際も、うっかり気合を入れてペダリングなどしようものなら、膝がロックして痛みが走ります。そうすると1週間くらいよちよち歩きで、外食でお座敷などとてもムリな状態になってしまいます(^^;

ですから楽しい範囲で走るし、筋トレやダイエットなども無謀な目標を設定しません。



健康こそ財産といいますが、健康の意味をはき違えると厄介なことになります。
例えば私のようにレースは無理でもそこそこ走れるとか、痺れはあるが10分程度ならば散歩できるとか、若い頃のように暴飲暴食や徹夜はできなくなったが、食事は美味しく快眠だとか、
・・・スポーツ選手のようなパフォーマンスを得なくとも、スーパーマンのような強靭さは無くとも、極端な話をすれば風邪で熱が出せる体は、その時は「健康」とは言えないとしても健全なのです。
風邪なのに熱も出ないようでは不健全です。


強めの器質的な側弯があっても、美容や姿勢を気にして生きられる事は、ある意味では健康そのものだと思います。
楽に動くという点では不利な形状ですし、見た目も気になる事は致し方ありませんが、物理的な左右差を0(ゼロ)にする事を目標にするのはナンセンスですし病的ですらあります。


人の体には、それぞれ変化シロや治りシロがあります。
同時に増悪シロもあるわけで、今日より明日、明日より来週、来週より来年、ほんの少しだったとしても、より健全な方向に向かえるように今を生きたいものです。






blogランキングに参加しています blogランキングに参加しています   【群馬,高崎>整体,カイロプラクティック】大野カイロプラクティックセンター

| | コメント (0)

より以前の記事一覧