個人的な話(PC,カメラ等)

2019/02/14

Windows10でTEMPフォルダの中身が消える件(備忘録)


かれこれ10年近く、自宅や職場の防犯カメラとして、手持ちのWebカメラを動体検知で画像を残すべく
LiveCapture2
というフリーソフトを活用しています(^^)


Lv2title


が、Windows7から10にアップデートし、更新が進んでいくにつれて挙動がおかしくなりました。

具体的には、動体検知撮影された画像がローカルストレージにはキャプチャされているのですが、FTPサーバーにアップロードする動作だけが不定期に止まってしまうという現象が起きていたのです。


Webカメラが複数なので、処理の負荷が大きいのかとか、Webカメラ自体が古くなってきているので信号が変なのかとか、いやいや保存された画像自体は問題ないのだから、ファイアウォールの設定が問題なのかとか、いやいやいやソフトを立ち上げてしばらくは問題なくアップロードされるのだから、途中で気まぐれにデータを遮断されるというのも考え難い・・・( ;∀;)


などなど、あれこれ悩んだ挙句

”Windowsで任意のアプリケーションを簡単に再起動させる方法”

↑こちらを参考に、
---------------------------------------

@echo off

set APP_NAME=LiveCap2.exe
set APP_FOLDER=C:\Program Files (x86)\z2o\LiveCapture2\

for /f %%i in ('tasklist /fi "IMAGENAME eq %APP_NAME%" 2^>^&1') do (
    if /i %%i==%APP_NAME% (
        taskkill /im %APP_NAME% /f
        goto ENDLOOP;
    )
)
:ENDLOOP

start " " "%APP_FOLDER%%APP_NAME%"

---------------------------------------

という内容をLiveCapture2.batという名で保存して、Windowsのタスクスケジューラに登録し、1日に3回LiveCapture2を再起動させるという姑息的な手段で凌いでいました(;'∀')



しかしソフトの再起動時刻まで平然と稼働している時と、再起動してからそれほど時間経過していないのにもかかわらず画像のアップロードが止まっていたりと、挙動が安定せず、どうも気持ちが悪いのでLiveCapture2のログを調べてみると、LiveCapture2がWindowsの一時フォルダ内に作るフォルダが見当たらないというエラーが出ています。


TEMPフォルダを覗くとそれらしきフォルダが有ったり無かったり(´・ω・`)
(ちなみにWindowsの一時フォルダは、システムの環境変数を設定変更して別ドライブに置いています)


この一時フォルダ
Windows10になってから勝手に中身を消される現象が起きているようなのです( ;∀;)

 


”Windows10で、ユーザー環境変数のTEMPフォルダが消える”


これは由々しき問題です。
早速ググりまくって対処!

決定的に参考になったのがこちら↓

”Tempフォルダの下のファイルが勝手に消える”


”タスクスケジュラーで、タスクスケジューラライブラリ→Microsoft→Windows→DsikCleanupから SilentCleanup を「無効」”


この手を使って数日
再起動用の.batファイルを登録したタスクスケジュールを無効化して様子を見ていますが、今のところLiveCapture2のFTPの挙動は安定しています(*^^*)


LiveCapture2はWindowsXP上までしか対応していないのを無理にWindows10で走らせているから自業自得かと諦めかけていたので、LiveCapture2の問題(だけ)ではないという事が分かってホッとしている今日この頃です(;´∀`)


新年の挨拶もサボり、放置を決め込んだ挙句、本業とは何ら関係ない内容で申し訳ありません<m(__)m>

本当に今更ですが、本年もよろしくお願いいたします<m(__)m>


blogランキング  blogランキングに参加しています 

| | コメント (0)

2017/09/25

ひと月ぶり(くらい)の更新です (^^;




はたと気づけば9月も最終週

あのカーステレオを室内用に設置したりアンテナを弄ったりしていた以降、私はいったい何をしていたのでしょう・・・



Cimg4277
セグロアシナガバチは、残暑の日照りには活動的ですが、もうほぼ子育ても終わって女王の越冬準備待ち的な時季ですし



Cimg4376
外の水鉢に加えた子メダカはこの夏すくすくと成長し



Cimg4392
オオカナダモには秋の花が咲き



Cimg4386
なぜだか紛れ込んだ和金のような魚もいたりして



Cimg4365
おかしな天気の夏が終わったと思う間もなく、すっかり秋に突入した感があります(^^)。





Img_2058
実は、今月に入ってから家の古いプリンタ(不調!)と格闘し



Img_2061
プリントヘッドを洗ってみるなど荒療治を施してみたり(写真がない)して、



Img_2055
( ↑ 微妙に復活 )
ネットワークプリンタ化してみたり・・・



Img_2079
古いノートパソコンを復活させようと・・・



Img_2073
ハードディスクドライブを替えたりパーティションを弄ったりOSをあれこれ入れ換えたりと、これまた大規模な蘇生術を施してみたりして



Img_2041
真夜中に再インストールしたWindows(今更)XPをマイクロソフトの電話認証で復活させ、一応の決着をみました(^^;




いやはやくたびれました。



Img_2054_2
今更IDEハードディスク



Img_2096
以前に完全消去して取っておいたHDDもフル活用で、最悪の事態に備えて用意したジャンク品のノートパソコンにもWindows10が走るようになって、やや出費はあったものの、なんとか3台のノートパソコンが現役(?)復帰を果たしました。



これら一連のPC関連作業のきっかけは、作文読書感想文など夏休みの宿題の締め切りです(^^;


作文苦手マンである愚息の手助けに、息子以上に作文苦手な私が手伝える事は、何度書き直してもぐちゃぐちゃにならない下書き環境をPC上に作ってやる事でした。

400字詰め原稿用紙をテンプレートにして、リブレオフィスで編集し、まとまったら紙の原稿用紙に清書する作戦です。


既定の長さにあと2行足りないとか、ここからここまでは書かなくともよかった、あるいはこの段落を最後に持ってこないとまとめに入られない・・・などの効率悪い書き直しがやる気を削ぎ、汚い消しゴム跡の残る作文を提出期限過ぎに急かされて出すなど、私も大いに思い当たる経験をさんざんしてきたので、「ちょっとズルですが、ここらで文明の利器を活用させて悪循環から抜け出そう」作戦です。過保護な親バカです。



ただし、

  • XPですからネット検索はしない(できないようにデフォルトゲートウェイを空にしています)
  • コピぺはしない
  • かな漢字変換に頼るのは仕方ないが、使う語句の意味は紙の辞書で調べる

などの制約を科しています(^^;


その甲斐あってか宿題は期限ぎりぎりになんとか出せたらしいですが、子供用PCの環境を整えておく必要を感じ、その後もインストールするソフトを吟味したりアップデートしたりの環境整備を行ったのでした。



ですが本音は

「苦手であってももう少し早く取り掛かればもうちょっと自力で何とかなっただろう~!!」


です(-_-メ)。




blogランキング  blogランキングに参加しています

| | コメント (0)

2016/12/02

Nexus7(2012) バッテリー交換



やっぱりかれこれ3年弱使用して、噂通りのバッテリー完全放電から立ち直ること数回を経て、いよいよ電池がお亡くなりになってしまったNexus7の2012版(初期型)


完全放電すると無反応になってしまう事で有名なこのタブレットですが、
Nexus 7 バッテリー完全放電時の復活方法 ←などのサイトを参考に、幾度か復活させてきました。

・・・が、昨夏頃には充電中も使用中も筐体が異様に熱くなったり、電池の持ちが極端に短くなってしまい、終いにはすっかり無反応になってそのまま放置していました(^^;



これを復活させようと、こちらのサイト→Nexus7(2012) バッテリー交換のススメ
を参考に、ススメに従って交換してみました。


Img_1640
使うのは、ASUSの純正バッテリー・バルク品(C11-ME370T)。
これも上記のサイト情報をそのまんまAmazonで検索し購入。




もう、ほとんど必要な情報が網羅されているので、カバーの開け方を誤って傷をつけたり壊したりさえしなければ、問題無く交換できます。


Img_1633
私は、マイナスドライバーでこじ開けた際に、ドライバーのサイズをいい加減に選んでしまった為に、樹脂部分にいかにもここから開けました的な傷をつけてしまいましたが、爪が割れやすいなどのシビアな注意点があるでもなく、割りとすんなりと開きました。

 

ただ、電池が両面テープで止まっている所を剥がすのにはやや難儀しましたが・・・(^^;

 

あとは、端子部分の絶縁テープを剥がして交換するだけです。



と、ここでまた写真も何も無いのですが、交換後すぐに起動可能だったのには驚きました。

その後一晩充電し、すっかり現役に復活しています(^^)。


当然保証等利かなくなりますし、バルク品のバッテリーがが常に正常動作するとも限りませんから自己責任ですが、イカレたのがバッテリーだけらしい場合には試してみる価値は大ありです(^^)。




blogランキング  blogランキングに参加しています

| | コメント (0)

2016/10/26

コンパクト省電力パソコンNP25SのHDD換装




自宅の常時稼働用のコンパクトPC、エプソンダイレクトの Endeavor NP25S。



K0000262418_2

 

走っているOSは、もともと7でしたが今は10になっています。

 

消費電力が通常時12.1W
・・・というスペックに惹かれて、2011年より此の方、365日24時間稼働しています(^^;
購入してすぐさまメモリを増設(換装)してあります。


はたしてそういった使用に耐えうる設計ではなさそうなのですが、やはりここに来て熱ダレとHDD空きスペースの無さからか、フリーズに近い極端な速度の低下が見られるようになりました。


Cimg2764
で、こんな風に裏蓋を切り欠いて、通風を良くして放熱効率を上げたりしています。


Cimg2752
一度、裏蓋を取り去った状態で動かしたりもしてみましたが、この薄い筐体内部をメモリとHDD側の2方向から吸い込んだ空気をCPU側で排出するという設計上、蓋が無くてはファンが空回りするだけだという事に気づき、それで蓋の上下を切り欠いてまた被せるという方策をとっています。

電源ボタンなどはこの方が見やすいし押しやすいですしね(^^;

これだけで随分速度が従来並に戻りました(*^^)v。


Cimg2749
筐体穴開け作戦が功を奏した事に気をよくして、ギリギリいっぱいに近づきつつある元々付いている320GBのHDを、1TBのものに換装します。

仮想メモリの断片化など、これで解消しやすくなるハズです。


Cimg2758_2 
SATAにもIDEにも対応するUSBアダプターは大活躍です(^^;



Cimg2769_2 
隙間がせまいのでHDDを外すのに苦労しましたが、無事に1TBに引っ越し(イメージコピー)してから換装しました。



Cimg2781_2
容量が増えたのでパーティションを増やして遊ぼうかとも考えましたが、これはそういう用途に向くPCではありませんので、素直にパーティション容量だけ変更して良しとしました。

先般の Windows 10 Anniversary Update にも問題無く耐えています。




さてさて、昨朝はこの秋一番の冷え込みとなったそうですが、今日はまた日中暖かくなる予報です。


10月は更新をあからさまにサボっていました。
実は更に床下に潜ったり天井裏に上がったりしてなにかと忙しくしていたのです。

その話はまた追々書いていきたいと思います(^^;。




blogランキング  blogランキングに参加しています

| | コメント (0)

2016/05/25

古和医院 ・・・(^^)




鉄の話題はどうした(゚Д゚)
と言われそうですが・・・、

その鉄がらみで、すんばらしいハンドクラフト品も頂戴したりしているのではありますが、貰い物に感謝コーナーに書き込むよりも、鉄の話の締めくくりに登場してもらうつもりです(^^)。



今回も鉄とは全く違う話です(^^;

そして意味不明のタイトルです。
(ピンときた方はエライ! 怖いぃぃんです。)


うちは今まで8件、毎年1件くらいの割合で入院がありますが、今回がその8件目の入院患者です。


患者の名は「U-18」もとい
「 富士通ノートパソコン FMV LIFEBOOK AH570/5BM 」さま。




Stil1002

病名は不明で、症状は

  • 起きるのに数十分かかり、寝付くのにも同じくらいかかる。
  • 活動中も動作が極端に遅い。
  • クリックに反応するのに数分という事もしばしば。
  • たまにはサクサク動く。

どこから見ても異常な挙動です。

ウイルスがバックグラウンドであれこれしているのかHDDが一杯で読み書きに時間を喰っているのか果たして・・・



Stil1003
まずは立ち上げてみて、本当に遅い事を確認し、ディスクチェック。


HDDは一杯どころかスッカスカの状態ですから本来さっさと終わりますが、信じられないくらいの時間がかかっています。


このPC、専らCDやらDVDやらのコピー(合法か不正かは追及しない事にします)用に使っていたようなのです。

中の設定を見回ると、仮想メモリがドライブC上で自動になっていて、重い作業を繰り返したのでHD上の特定の場所で断片化が進んでいそうな感触です。


起動ドライブCは再起動してチェックするのですが・・・



Stil1004
進みません。

フリーズしているのかゆっくりでも進んでいるのかわからない状態で一晩これに費やして・・・


あきらめて強制終了(T_T)。



Stil1005
やっぱり多大な時間をかけてWindows7_32bit用の修復ディスクを焼き、CDドライブから起動するも、なんだか富士通オリジナルの修復ツールしかないらしく、これも修復不能だからメーカーに修理に出せ的なエラー。



このPC、随分前から遅くなっていたそうで、勤務先の会社の詳しい人に弄ってもらったり友達にあれこれ怪しいツールをインストールしてもらったりしてきた経緯があり、大事なシステムのサービスが停止させられていたり、システムの回復も停止、バックアップも自動保存も何もない、綱渡りの状態で使われていたのです。

もちろんリカバリディスクも無ければインストールディスクもありません。

更に、内蔵しているBDドライブも壊れていて、本体からの立ち上げができません。
不摂生ここに極まれり。



Stil1011
しかたなく、XP時代の古いPCから外したCDドライブをUSBで繋いでBIOSをいじり、外部USBストレージからの起動です。


それにしても、こんなに多難な作業になるとは思いもよらず、ちょっとした怪我かと思って入院させたら心臓移植が必要だったといった感じです。

幸い人工心肺(SATAやIDEをUSBで繋ぐ装置)がうちにあったから良かったものの、大病院(ヤマダ電機経由でメーカー行きとか)に移送されかねない重病人(PC)だったのでした。

(そろそろタイトルの意味が分かってきた方、お友達になりたいです。)


もうこれはハードディスクの交換しかなさそうなので、早速ネットで注文し、翌日届きました。
いい時代です。


元々のHDD750GBは、まだまだ全然余裕がありましたが、容量当たりの単価が安い1TBにしました(オーナー了承済み)。



Stil1006
ところが、筐体のどこにHDDが隠されているのかわからず、探しまくって・・・



Stil1007
無事取り外しました。



Stil1008
引っ越し作業です。
これがまた時間がかかることかかること。

やっぱりCドライブのアクセスが異常に遅くて、このままお亡くなりになってしまうのではないかとヒヤヒヤしました。



Stil1009
仕方がないので、うちのメインのPCに一旦イメージを保存して、そこから新品HDDに戻す作戦です。

この方がウイルスチェックもディスク修復も能率よくやれるので・・・(^^;




Stil1001
保存したイメージを無事復元した新品HDD。

これで時間がかかる作業は終了~っとばかりに、ホッと一息ついてHDDをノートPCの筐体に戻して起動してみると・・・



Stil1010

0xc000000e状態(エラー)( ;∀;)

マスターブートレコード(MBR)が壊れたのか、サイズを変えたせいでパーティション情報に不整合が生じたのか、何をしても立ち上がりません。


手術が済んだら心臓が止まっていた状態です(大袈裟)。

先に作った修復ディスクなど何の役にも立ちませんでした(-"-)。





さてさて、ここからが例によって画面を撮影する余裕すら無い、冷や汗をかきながらの真剣勝負です。古和医院です。


ここからは内科的な作業になります。
先ずは分厚い医学書を紐解き・・・
もといGoogleにキーワードを打ち込んでMBRの修復情報を検索です。

以前Linuxをインストールしたりアンインストールしたりしていた時にもMBRを弄りましたが、あん時は丁度良いツールが在って楽でした。


幸いネット上には「これをお使いなさい」とか「こんな風にはしなさんな」などなど、親切なブラックジャック的なアドバイスがあふれていますので、そこから情報の取捨選択です。


結局使ったのが、「TestDisk 7.0」。

Linuxベースの起動ディスクイメージが見つかったので、そいつを使わせていただきました。(ざっくりした説明でスミマセン)


しかし初めて使うソフトだし、弄っているのが心臓部(脳かも)なので、失敗したらどうなる?患者は死ぬんじゃぞブルルルッ
(イメージ保存したファイルが残っているので蘇生は出来ますが(^^; ・・・)



Stil1012
と、あれこれ苦闘しまして無事完了。

いや~、一世一代の大手術でした(^^;

予定外のパーティションが出来てしまっていますが、そこは大目に見てもらうとして、動作もサクサク、寝起きも入眠もすんなりです。




と、ここでビールで喉を潤している時に、突然高熱やけいれんなどが起きてくれても困ります。
幸い今のところ問題無く動作し、退院待ちの状態です。




有り難いことに、うちはいろいろな科の医師の先生にご利用いただいていますが、その私が外科的処置をできる相手は機械だけなのです(当然!ですが・・・)。
最近では壁裏の配線も弄るようになりましたし・・・(^^;


ここを見ている利用者の方が、調子の悪い娘(PC)を連れてくるので診たりするわけです。
ですが私は外科(ハードウエア)的処置ならばともかく、内科(ソフトウエア)的なプログラミングなどは苦手なのです。

もしも私がそっち方面が得意ならば、今ころは加速度センサーとジャイロコンパス情報を使って、iPhoneなどで寝返りの健全性診断アプリや、上部頸椎の不整合を代償する日常動作の偏りモニターアプリなどを組んで配布しているところなのですが・・・。



だからといって、数年後に50の手習いでどこぞの理工学部とかに入学しているなんて事は決してありませんのでご安心ください。
ここでモグリを続けている予定です(*^^*)






「古和医院」をご存知無い方には最初っから最後までつまらないエントリーでした<m(__)m>。






blogランキング  blogランキングに参加しています

| | コメント (0)

2016/04/24

OSの尽きない悩み - Windows10篇の続きの続き



Windows10のスティック型PC MS-NH1-W10で、新OSを試してみて


家のWindows7をWindows10にアップグレードし、

職場のWindows8.1をWindows10にアップグレードした話を書きましたが、



今回はその職場のPCの問題との格闘記です。



Designspark_mechanical_10_1 
これは、フリーのスグレモノ3DCadソフトDesignSpark Mechanical 1.0の立ち上げ画面です。

お分かりでしょうか。


メニュータブの文字は読めますが、下のメニューの選択項目が文字化けしています。



Windows10にアップグレードした方の中には、それまでの環境によって特定のソフト(今はアプリと呼ぶべきなのか)上で文字化けが起きているようで、ざっと検索してみるとメールやフォトレタッチソフトに起きる現象のようです。



幸いうちでは、確認できた範囲では他のソフトに影響は出ていないようですが、上記の問題に対してシステム ファイル チェッカーを実行してみても、「日本語補助フォントのアンインストール」を行ってみても解決せず、約2日間ハマってしまいました。



Designspark_mechanical_10_2 
地域と言語を英語(US)にして、日本語をアンインストールして再起動し、立ち上げてみた画面。


メニューは英語で読めますが、ウエルカムメッセージが化け方こそ変わっていますが未だに変です。


DesignSpark Mechanical が使っているフォントファイルがおかしいのか設定がおかしいのか、なんだかシステムのフォントの方に問題が潜んでいそうな感じです。


とにかくWindows10で気に入らない点があるとすれば、システムフォントです。

前回加筆していますが、システムフォントを読みやするするために「Meiryo UIも大っきらい!! Version 2.17」を使ってブラウザやメール,エクスプローラーの表示を変えました。


これのせいかなとも思いましたが、自宅の環境では同じ条件でDesignSpark Mechanical 1.0の文字化けは起こっていないので、先ずは1.0をアンインストールしDesignSpark Mechanical を2.0をインストールし直してみましたが、これも化けます。



結果

自宅と職場のPCで大きな違いがあるとすると、32bitと64bitの違いの他には、これまでインストールされたソフトの歴史と、それに伴うフォントフォルダの肥大があります。

DTP的にデザインソフトも使うので、フォントが増えてしまうのは仕方がないのですが、
Nexus Font』を使ってフォントを整理してみると、いくつか重複するフォントがありました。

ここでキャプチャを残していないのが残念ですが、古くからなじみのあるMSのフォントが複数あったり、年賀状ソフトが入れてきた、まず使わないであろう微妙なフォントなどを、思い切って削除する事にしました。



Photo

先ずはフォントフォルダを丸ごとバックアップしておき、必要ならば再インストールする手順も確認した上で『Nexus Font』(↑日本語対応)で数十個のフォントを選択してアンインストールしました。

そして再起動。


するってぇと



Designspark_mechanical_10_3 
ほら。ちゃんと直ってる(^^)。


これまでやった作業はいったい何だったのかというくらい、直ってしまえばケロリとしたものです。



Photo
ここで一応システムイメージの今すぐバックアップをかけて保存。

解決です(^^)/。




しかしですね、フォントの重複について言及しているサイトは圧倒的にMACの話が多く、いかにDTPの世界はMACかというのが分かります。

Windows上では、重複フォントや使わないフォントの入れ過ぎがいかに地味に悪さをしているかよりも、作業上見やすく長文も読みやすいフォントをシステムに移植したい的な話題が多いのも面白いところです(^^;。







blogランキング  blogランキングに参加しています

| | コメント (0)

2016/04/21

自宅でのパソコン遊びと職場の8.1アップグレード



前回
の続きになります(^^)。



自宅に設置してTVに繋いで使用している スティックPC MS-NH1-W10 Windows10/2GB/32GB (放熱板付加)の様子。


設置というか・・・ 丸ごと荷造りのビニール紐で、壁のフックにぶら下げてあります。
もちろんこのまま使用します。



Cimg2104
トタン板を曲げて固定したファンが止まっていますが・・・


 

Cimg2106
ファンの方は、M4219 4コンセント節電タップ+2USBポート計2.4A2.5M  ホワイト(↑)
の、USB給電を使わずに、上限アンペア数の少ないACアダプタをコンセントに挿して、必要な時に回すようにしました。

個別にスイッチが付いているのでラクです。写真はONにして回したところ。

他の3口は今のところ使う予定が無いためアダプタを一番上に挿していますが、そのうち場所移動することになるでしょう。


Cimg2108
↑回っています(^^)。
12V用を5Vで回しているのでそよ風ですが、ヒートシンクを冷やすには充分な風量です。

ネット上の動画の再生やLibreOfficeを普通に使えます。


Windows10はまだそれほど使い込む段階ではないのでレビューできませんが、Windowsデフォルトのセッティング(既定のアプリなど)が使いにくい以外に不自由はなさそうなので、職場のPCもアップグレードする事にしたのです。



そして、職場のWindows8.1です。



Img_1256 
早速始めました。

レジストリをいじって、アップグレードしない設定にしていたので、どこをどう直すと自動でアップグレードするのか失念していたため、


Windows10を入手する
 

↑からソフトをダウンロードして実行しました。



Img_1264
・・・ いつも裏切られますが、果たして本当だろうか ・・・



Img_1269 
小一時間で終了しました。

仕事の合間合間にあれこれいじって設定をやり直したりして見つけた問題点。

Windows 10では、IEの最新版EdgeでPDFを開く設定にされているのですが、これがどうやら印刷できないようなのです。



Microsoft_edgepdf 
他にも画像データや音楽ファイルなど、既定のアプリが紐付けられているのですが、それらの設定をやり直し、PDFはこれまで通りAdobe Acrobat Reader DCで開く設定に直して解決です。

・・・ 実は、ここに至るまで、ドライバが対応していないのではないかと、デバイスを削除してドライバの再インストールをしてみたりして、無駄に数回再起動をかけたりと相当回り道をしました。

おかげさまで、終了や再起動の際についつい右下にポインタを持って行く癖は強制的に矯正されました(^^;


・・・そして、挙動が一応の安定を見たところで、システムイメージを保存しておきます。



Photo
これとセットでシステム修復ディスクをDVD-Rに焼いて、やっとこれで一段落です。


あとは普通に使い倒し、ゆくゆくHDDなりデータなりが壊れたら、HDDを換装して保存したイメージから復元作業を行えばOK ってな訳です。



定期的にこんなふうにPCの動作をぢっと見守ったり、おっかなびっくりヒヤヒヤしながらコマンドを打ち込んだりする必要に迫られる訳ですが、これを始めると寝ていてもあれこれ考えてしまうので、夢に出てきます。



Photo_2


一昨日は、LinuxとWindows10とWindows8.1とAndroidのクワッドブートのシステムにしたくてHDDを4連装する夢を見ました(^^;;

電源ユニットの最大電力確保に四苦八苦するのです。


起きて非常に疲れていました(^^;



とりあえずこの辺りでPCどハマり状態からは抜け出せそうですので、GWまであと僅かですが、それまで本業に集中する予定(いつもは違うのか?)です(^^)。



※ 加筆~

Windows10のシステムフォントが気に入らないので、

こちらのブログ を参考に

こちらのサイト から

「Meiryo UIも大っきらい!! Version 2.17」と「Re-Metrics」をダウンロードし、使わせていただきました<m(__)m>。

お陰様で、今のところ感覚的にしっくりくる設定で、快適にWindows10を使えています(^^)。



※※ 更に加筆・・・

この後、これまで立ち上げてもみなかったアプリケーションが文字化けし、上記のソフトが濡れ衣を被りかねない状況になりました。


後日談






blogランキング  blogランキングに参加しています

| | コメント (0)

2016/04/19

OSの尽きない悩み - Windows10篇




仕事でも個人的にも、パソコンを使っていると、世間的な流れに乗るべきかどうか悩む事多々あり、特にOSに関しては悩みが尽きません。

過去ログ→ OSの尽きない悩み




先日、リスペクトしてやまない四万温泉のくれない旅館の3代目の大将がいらした際、彼は腕の良い板前さんであるにもかかわらず、ホームページも自前で作ってしまうような方でしたので

「Windows10へのアップグレード、どうしていますか?」

・・・ 的なことをお訊ねしたところ、無償アップグレードが公式アナウンスされた頃、すぐにアップグレードし、普通にWindows10にして使っているとの事。

 

流石です。

私は、XPから8に乗り換えた際、古いプリンタのドライバが対応せず、メーカーもサポートしない為に、トナーカートリッジの予備が残っているプリンタがあるのにもかかわらず、新しいプリンタを買うハメになった事を未だにしつこく根に持ち(^^;、今回のアップグレードにも二の足を踏んでいたのでした(^^;。


私のWindows8.1のタスクバーには、「田(Windows10にしろ!)」アイコンがいつまでも居座り、邪魔なのでレジストリを弄って消したりもしてきましたが、トレンドにうまく乗って適応する大将の姿勢に感化され、それでもOSアップグレードで残念な結果になってもつまらないので、マウスコンピュータのスティック型PC 「MS-NH1-W10」を入手し、家で家族用という事にして恩を売る作戦を立てました。




そして、ここで使っているソフト(アプリケーション)をコッソリインストールしてみて、秘かに挙動を確かめてやろう・・・

そして感触が良ければ、ここのPCもアップグレードしちゃおう・・・

という、姑息な一計を案じたのです(^^;



ところが、このスティック型PC、放熱に問題があって、ヘビーに使うとCPUの温度が下がらず、速度低下が著しいという噂。

そこで・・・


Img_1245 
古いCDデッキを分解した際に取り出しておいた放熱板(ヒートシンク)を



Img_1248 
金鋸で3.5cm幅にぶった切り、



Cimg2096 
蓋を外した本体に取り付けました。



Cimg2094 
世間では、

 

↑のヒートシンクがスティック型PC 「mouse パソコン スティックPC MS-NH1-W10 」 に、ちょうど良い大きさとの事で定番になっているようですが・・・(^^;



Img_1255

ついでに壊れた電源ユニットから外したファンにUSBオスのコネクタを取り付け



Img_1249
ヒートシンクにカチッと嵌るようにトタンの板を曲げて固定しています。

 

さてさてこれで準備完了。


 

↑で給電し、



↑で操作します。



ここから自宅での楽しいパソコン遊びの過程がありまして、例によって何の写真もありませんが、mouse パソコン スティックPC MS-NH1-W10 Windows10/2GB/32GB と、Windows10は、結果的に良い感触でした。

タスクバーの田アイコンもありませんし・・・(^^;




と、いう事で、次は職場のWindows8.1のアップグレードに挑戦です(^^)。




blogランキング  blogランキングに参加しています

| | コメント (0)

2015/07/18

久々にHP200LXの起動





私が独立した2001年(平成13年)、患者様のカルテをデータベース化して管理していた横河ヒューレットパッカードの200LX。

 



 

久々に起動させました(^^)。

 

別に、公開中の”ターミネーター: 新起動/ジェニシス”に刺激された訳でもありませんが、Twitterのハッシュタグ”#インターネット老人会”に刺激されてというのは本当です。


Cimg1425
独立当初は利用者も少なく、スタッフもいたので、自分の体は暇にしていたというか持て余していたというか、整体技術とかカイロプラクティック哲学などを学び続ける傍ら、散々モノを作ったり壊したりしてガス抜きしていたものです。


Cimg1424
この200LXも、メーカーサポートが受けられなくなる改造を施し、メモリの増設やクロックアップのカスタムを施してあります。



Cimg1427
物理フルキーボードにテンキーまで搭載して搭載していて、この筐体で今のスマホ並のスペックを持っていてくれたら・・・、それで単三電池2本で数週間使えたら・・・、

ガラケー派は今すぐに返上して、ヘビーユーザーになってしまう予感満点なのですが(^^;。





データベースの管理については、個人情報保護法などの整備が進んだ事もあり、また、最近またブームが再燃している「DM広告」的な販促は、されるのもするのも嫌いという性格もあって、カルテの電子化を完全廃止して、今ではローテクな紙の上のみでの管理に戻しています(^^;





話は飛びますが、販促がらみで感じる事。



今はスマホの時代とあって、同業者や整体業の方のホームページなど、お金をかけて整備している所が多いですが、その文言やSEO的キーワードに「地域一番店」「信頼度ナンバーワン」「どこに行ってもよくならなかった○○ならおまかせを」・・・

などなど、ちょっと判断力のある人なら恥ずかしくなるようなキャッチコピーが並んでいて、これは今に始まった事ではないのですが、こういった、読む人を小馬鹿にするような自薦の文句を書く人って頭が悪いのかなと、以前から不思議に思っていました。


本物であるほど、自分で本物を吹聴しませんし、能力のある人や実績のある人は、それがにじみ出るものであって他人が評価してくれる性質のものですから、自分で言った時点で「痛い人」なのですから。



ですが、先日目にした広告技術関連の書籍によると、判断力の鈍いターゲットを敢えて選ぶ戦略に、バカのような広告をワザと打つという戦術があり、それによって頭の良い自律した(売る方にとっては面倒な)客を意図的に排除するという事なのです。


これには驚きました。
自律した、判断力の優れた人は、無駄なお金の使い方もしませんし、売る側の技術の足りなさや説明の論理破綻も見抜きますから、ちょっとお馬鹿で乗せればお金を使う人だけを集めようという姿勢なのです。


頭が悪いどころか、能ある鷹がプライドを捨て、敢えてバカな振りをして儲けるという、恐るべき深慮遠謀。


それにひきかえ、うちときたらバカ正直に「治らないものは治りません」的な突き放す説明をHPに載せていますし、増悪した例なども書いてしまうなど、上記の賢い整体師さんなどから見るときっと「バカ丸出し」な「バカ正直」さだと思いますから、きっと以前から逆に「大野カイロって馬鹿ではなかろうか」と、マーケティングを知らない「痛い人」扱いされるのは、こちらの方だったのでしょうね(^^;



プライドと言えば、オステオパスやカイロプラクターは、「整体」と言われるのを嫌う傾向があって、一緒にするな的な意識があるのが普通ですが、そんな事は一般の皆さんには関係ない話ですから、検索されるワードでは「整体」の方がずっと多いわけです。


ですから本音では「整体」などの一般語句で検索する人を取り込みたいのだと思いますが、整体とカイロプラクティックを一緒に語ると、カイロプラクティックの哲学も手法も蔑ろにすることになりますから、そこはなんとか工夫しつつ、訪れる方には整体とカイロが同じようなものであるという誤解を極力生まないように腐心するものです。


ですが、その辺にこだわらずに整体とカイロを同列に語るHPの方が検索対策はうまくいっているようです。
カイロも整体も、くそ味噌一緒にされても平気な方が、商売的にはうまく行くということですね(^^;。




そういったからくりに気づいていたとしても、私的にはいまさら方針は変えないのですけれど(^_-)-☆


これまでも今もいらしている、自律した方々の判断が賢明であったことを証明し続けて、つまり結果を出し続けていく事でしか信頼に応える術のない仕事だと思っていますから(*^^)。




カイロプラクティックとは、論理と技術体系である前に哲学そのものです。

法制度に守られていない日本のカイロプラクターは、だからこそ一層カイロプラクターとしての矜持を守り続けていかなければならないと思っています。




blogランキング  blogランキングに参加しています

| | コメント (0)

2015/06/09

ADSLモデム撤去




光ファイバーによる接続が開通すると、これまでのアナログ接続を解約する事になるので、電話の局内工事が終わる(光電話になる)のを待ってADSLモデムを返却しなくてはなりません。


 

最近使い始めた『はこBOON』なるサービスは、ファミリーマートに持って行く手間はかかりますが、重量に応じた価格計算なので安上がりになる場合が多く、このところ多用しています(^^)。
ざっと送り方を記すと・・・


先ず、Yahoo! JAPAN IDでログインして、送り先その他の情報を入力して申し込みをすると、受付番号とQRコードが返されますので、それを覚える(?!)なり印刷するなりして荷物をファミマに持ち込みます。

レジ横の、大概コピー機などと並んで設置してある端末の「はこBOON」を選んで、QRコードを読み込ますなり番号を打ち込むなりすると、申し込んである情報が呼び出されますから、修正などがあれば修正してレシートをプリントさせます。

そのレシートをレジに持って行くと、店員さんが荷物に貼る伝票をくれますから自分で貼って、控とレジから出るレシートを貰い、貼り付け用伝票を貼った荷物を預けてくればOKです。

・・・と、このようにかなり端折りましたがこういった流れです。
手書き伝票が苦手な悪筆の私にとって、情報をPCで打ち込めば良いという点と、Yahoo!の会費を払っているクレジットカードで支払いが完了するという点が有難いのです。


 

そういう事で、先般アップした鳥居型の光モデム(ONU?!)の台周りが片付きました。



Cimg1319

以前に作ったキーボード台に隠れる位置にそのまま隠してあります(^^;






blogランキング  blogランキングに参加しています

| | コメント (0)