« 晩秋の水槽 | トップページ | 源泉垂れ流す事にします。 »

2012/11/10

久々のQ&A

 

Q.他の整体治療院がホームページを一新したと思ったら先生がホームページに書いていることと似たような書き方をあからさまにしていますよ。


A.
Q&Aはかなり間が空きました。
・・・と言うか、ここを私的な駄logにして遊んでいて、質問等には無視を決め込んでいたところもあります。




なぜか。
私のHPはですね、ブログも含めてですけれど、患者様や利用者の方々に訴求するのももちろんですが、思いのほか業界関係者(治療家のみならず請負いSEO業者などにも)に気に入ってもらえて(^_^)
いるようで、あるキーワードでうち(に限らずですが)のHPの検索順位が上ると他の治療院のHPのソースコードの書き換えや更新が為される。
という情報もいただいたりして(随分前に。ガセかも知れませんが)、ページへのアクセス数が伸びていても、一般利用者よりも関係者からのアクセスが多くの割合を占めているというのでは、あまり嬉しくないと言うか微妙なところです。
こちらの動向を同業者がチェックしているというのはあまり感じのよいモノではないですね。禁止も出来ませんしね^^;。

ホームページとかブログの内容に関してもですよ、うちの内容に対して真逆の事を書いて否定にかかっているならまだしも、本当に真似をしてもらっているとか、影響を与えてしまっているのだとしたらですね、同じ上部頸椎メジャーとするグループならば言っている事が一致するのは当然ですが、整体系や癒し系の所が言っているとしたならばですよ、まぁそれだけ私の言っている事がだんだんと同業者にも分かってもらえて来たのかなぁと、なるべく気にしないように、見ないようにしています。

しかしそうだとすると、これまで私はこの不健全な健康産業とそれを増長させる風潮に一石を投じるべく、啓蒙的な意味も込めて私見を発信しているつもりでいましたが、結果的にそれは私の独り相撲であって、利用者を啓蒙する前に同業者を刺激し過ぎたのだとすると、少しこちらの手の内を明かし過ぎて来たのかなぁ、しゃべりすぎたのかなぁ。
・・・という反省があって、
当駄logにおいても、施術の話や業界の話しよりも、ネタ不足にかまけてだんだんと私的な雑談に軸足を移してきました。




ですが、


Q.質問箱のようなページはもう更新しないのですか?含みをもたせて書かれているのも好感が持てたので続けてほしいです。


だなんていう有り難いご意見も頂いたりして、それでまたQAを書く気になった(実は乗せられ易い)のです。含みというよりどちらかというと毒舌系ですが。


言い回しや主義主張に著作権や商標権などありませんしね。真似されたって減るもんじゃなし、相手にとってもこちらは目の上のたんこぶですから船井幸雄も言っていますが、包み込みの発想でしかシェアは奪えないしケンカには勝てない(こちらはケンカしているつもりはないですけどね。売られたって買いませんし。)のです。

私も若かりし頃は、競合治療院に患者数でも施術結果でも追いつけ追い越せの気合で、
検索順位を上げる事にも心血を注いできました。だから気持ちは分からなくはないです。
ですが、書かれている事を自説のごとく使いまわしたりする事は恥ずかしくてできません。こちらにもプライドがありますしね(^^)。言いたい事が合致していたとしても言い回しははっきりと変えるとかですね、姑息といえば姑息ですが自前のアイデンティティを崩さないように、多少なりとも突っ張るわけですよ。若いですよね(^^)。
兎にも角にも、いわゆるキャラがカブらないように腐心するわけです^^);

カイロプラクティックの哲学なんてものも、自前の哲学ではなくてあくまで歴史の中での教科書的哲学なのですけれど、若いから感化されて同化してしまうのですかね。他院とは、同じであるはずのこんな部分が合致するのも許せなかったりするわけです^^;。それで少し変えたりですね、バカですね(^_^) ←(若い頃の自分がですよ。)




この無資格健康産業というか、法定外医業類似行為業というか、なんちゃってカイロプラクターや即席整体師産業にはですねぇ、
特に土地バブルがはじけて以降、会社組織を早期退職金制度など利用して巧く辞めたような人に、コンビニ経営よりも設備投資が少なくて済むからとか、在庫を抱えるリスクが無いからとか、そういった儲けありきの動機で参入する方、多いんですよ。リーマンショック後も震災後も、ラーメン屋で脱サラ!みたいなノリで集まるお金のある生徒達で整体学校はホクホクです。
以前一緒に働いた人の中にも多く居たそういった方々の中で、実際に使える方は少なく(というか、まず居ないと言ってよい)、潤沢な資金に飽かせてさっさと開業したものの、患者に怪我を負わせたり立ち行かなくなって数年で閉鎖したり。
この先生ならば安心だと思える方でさえ、事業としてはうまく行かない事が多いのですから、短期間に要領よく体裁を作った人に治療家ぶって欲しくはないです。

そもそも医師ではないクセに他人のですね、健康という何ものにも代え難い財産を取戻す手伝いをする、あるいは取り返してやるという非常に価値ある事をやっているわけですから、厳密に言って法に抵触すると言われたならば堂々と胸を張って投獄されるくらいの覚悟と、未熟な現行法制度に立ち向かう気概と、他人の健康回復に資する信念と相応の腕前とを持って、始めたからにはやり続けなくてはならないのですよ。
逮捕されないように柔整師やあマ指師の免許を取るとか、姑息な隠れ蓑を欲しがる人もいますが、そんな動機では免許の対象である柔整や按摩,マッサージ,指圧も極める事は出来ないでしょう。




話しが逸れてデカくなってしまいましたがつまり、まぁ商圏動向とか、もっと言えば他人んちの事だとか他人の主義主張だとかが気になるうちは、あれもこれもと欲張るく せに何一つとして満足に為し得ていない、つまり己の軸が無いという事の裏返しで、半人前どころか『向いていない』レベルだと思いますから、院(店)構えや 宣伝文句が立派でも相手にしていません。

それは飲食店とか何屋だって一緒です。
他人に薦めたいのは儲かっていなくても芯のブレない所(店)です。


逆説的ですが、うちの事を偵察したり出し抜こうと一所懸命な所よりも、うちのことをまったく知らないか知っていても気にせず己の道を追求している治療院(やエステや体操教室やヨガスタジオ)こそが、強敵であって好敵手でもあります。そういう所は私も利用したくなりますし、患者様の紹介をしたりもします。



様々な事が出来る能力があって、かつ取捨選択する目が正しくて、余計なものを惜しげもなく切り捨てて、一点に
集中して訓練した結果、はじめてその更に先にある到達するべき高みが見えてくる。・・・というものだと思います。
あれもこれも儲け話に手を出しているのは愚かしいし見苦しいです。

他がいくら劣っていても、不足があっても。例えばうちの例で言えば、仮に治療院が狭くて汚くて、立地が悪くて駐車場が無くて、院長もなんだかパッとしない(・・・仮定ですよ。うちの事ではないですよ!)。だけれどもリスティング(診断的に用いる)の正確さたるや天下一品で、アジャストメントも寸分の狂いも無く正確無比。施術の効果もてきめんに現れて、料金の高さを差し引いても余りある利益を利用者にもたらしている。
・・・なんていうですね、とてつもなく難しい事をやり続けて(いつでも誰にでも、というわけにはなかなかいかないが、)いるとですね、同業とは言わないにせよ近しい業種の、それも独立自営でやっているご主人(院長でも店長でもマスターでもマエストロでも)が、うちのことを紹介,宣伝してくださるのです。多少の競合関係でもです^^;)。

私が今の段階で言い切るのはおこがましいですけど、わが道を確立した人同士にしか分かりえないレベルというか覚悟みたいなものってあるんですよ。そこには吸収し合うとか高め合うとか、そんな予定調和的な甘えは全く無くて、信念を持った者同士ただ無言で認め合うような関係が、大会社を創始した会長とただのフリーランサーとかといった関係などに於いてでもあり得ると思うんです。
しかしたまたま商売が当たって成り上がった経営者と地道に日の当たらない技術を守り続けている技術屋とかといった間では生まれないでしょうけれどもね(^^)。
挙げた例は適切ではないかもしれません。だけどそういった利害関係を超えた人間力の共鳴のようなものは、力関係ではなくてもっと見えないレベルに於いて存在すると思います。
思いっきり脱線してしてしまいましたが・・・。




Q1.のホームページは見ました。整体系の検索順位の高い所ですよね(^^)。そこを直接は存じ上げませんが、うちも同じカテゴリで上位表示を狙っていた関係上、屋号くらいは見知っています。
読む限り真っ当な事を書いているようですよ。真似といっても同じ事を書いているのではなくて、うちが提起している内容によって否定されないように防衛している感じですよね。しかしそれは更新時期がどこぞのサーバーのキャッシュなどを調べて分かったとしても、うちの影響だとかとは言えないでしょう。実際、その前の内容を読んでいないので私にも分かりかねますし(^_^)。


宣伝効果のある文句など他のサイトを見て後から作っても先に書いたふりをしたり、おいしい海洋資源があるからって昔からの経緯を捻じ曲げて領有権を主張したり、こちらの古来からの文化をあたかもパクリのように言い立てたり、・・・そういう問題に対してはですね、いくら正当性がこちらに在っても、それが正しいからといって必ずしも主張して通るとは限らないのです(^_^)。正しい事ほど相手を傷つけますから慎重に小声で語らなければなりません。


同じ土俵に上らずに静観し、あるいは無視した結果、対外的な訴求力のある相手方が有利に物事をすすめるかも知れません。ですが、あなたのようにそれを傍から客観的に見ている人も必ずいるのです。損得では損かも知れませんが、不特定多数に訴求するよりも、あなたの様な方だけに理解されて利用される技術でありたいし、それで十分だと思っています。
知る人ぞ知る、分かる人には分かる。不要な人には不要。必要な人には大変有り難い。それでいいのです。




《ここから加筆!11/12》
しかし、↑のような事、同じような内容を何度も何度も書いていますね(^^)。
同業以外の、普通~の方にもバックナンバーのQ&Aを読んで欲しいです。おちゃらけていますが大抵の質問には答えていると思いますから。
だいたい同じようなやりとりの繰り返しなのです。
うちの事を過去まで遡って調べるのが同業者ばかりだなんて、悲しすぎる(TT)。



blogランキングに参加しています blogランキングに参加しています   【群馬,高崎>整体,カイロプラクティック】大野カイロプラクティックセンター

|

« 晩秋の水槽 | トップページ | 源泉垂れ流す事にします。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 晩秋の水槽 | トップページ | 源泉垂れ流す事にします。 »